~Our Wonderful life with Art and Art Therapy~   なにげない日々の生活にもっとアートを! ここでは自分自身をさらに輝かせるアートセラピー、オススメのアート、本、旅行、そしてちょっとしたイイネ!などをご紹介します☆
プロフィール

Life with Art

Author:Life with Art
Life with Art
日々の生活の中に、アートがある
そんな人生って素敵
2011年からアートセラピーをベースとしたアートワークショップを始め、約7年。

内閣府所管 一般財団法人 
生涯学習開発財団認定 
マスターアートワークセラピスト
として高齢者介護施設で
クラスを担当しています。

日々の生活の中でアートを通して自分らしさを輝かせること、自分と自分、自分と大切な誰かをつなぐ場を作りだす事が私のライフワーク。

アート×コミュニケーション、体験してみませんか☆

Master Artwork Therapist
Shikibu Nozawa
(lifewart(at)gmail.com)
お問い合わせの際は (at) を@ に変えて送信ください

※当ブログの画像・本文の無断転用、転載は固くお断りいたします。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード

QR

すっかりしばらくぶりのブログ更新になってしまいました。

新型コロナ対応の為、生活がすっかり変わりました。
アートの現場も今は高齢者の皆さまの安全第一でしばらくお休みです。
再開している現場はセラピスト、施設の方全員が万全の対策を取りながら
慎重にアートプログラムを提供しています。

日常生活の中で様々な制限を強いられ、息苦しさを感じる日々。
そんな中、行ってきました、特別展 あるがままのアート

様々な方のあるがままのアート。
たとたどしい線、だけど喜びにあふれる顔。
細密な線に集中する瞳。
白い紙に下描き無しにいきなり走らせるペン。(頭の中にイメージがあるのだそう)
喜びのような、祈りのような、怒りのような、自問自答のような色、線、形。
何年もかけて制作された作品もありました。

表現者ご本人の感情のゆらぎを追体験するような作品の数々に時間を忘れて魅入りました。

またご家族、施設の方等制作をサポートし見守る方々の存在もビデオや音声ガイドで
触れられていて、その温かなまなざし、寄り添う姿に心を打たれます。

以前別の展覧会で拝見した事のある作家さん、作風が変わった最近の作品が展示
されていて、改めて表現てなんだろうと考えることもありました。

「心の底からこみ上げてくる・・・なんかこみ上げてきましたね」

ほとんど絵を描いたことが無かったというある作家さんの言葉です。

「絵で昇華させる」

ともおっしゃっていました。

展覧会はいくつかの作品を除き撮影可能です。

展覧会のチラシ
!IMG_6164.jpg

会場が二つに分かれていてとても見ごたえがありますので
時間に余裕を持って行かれる事をお勧めします。

!IMG_6156.jpg

!IMG_6141.jpg

!IMG_6139.jpg

!IMG_6149.jpg

こちらの展覧会、~9/6(日)まで、完全予約制です。

ぜひご自身の眼で心で、作家さんの心を、衝動を感じてみてください。

☆ Life with Art ☆












Topic:人生を豊かに生きる - Genre:Mental/Health

20191017_6-3.jpg

先日、ソニー株式会社さん内の多様性を活かした成長の場「PORT」にて有志のグループ
(Mission Labさん)を対象にワークショップを開催させて頂きました。

テーマは「自分の知らない自分に気づく」

まずはウォーミングアップでテーブルいっぱいに広げた紙にクレヨンを中心にさまざまな色、線、
カタチを描きました。

いつの間にか皆さま椅子から立ち上がって描かれていたのお気づきでしたでしょうか?!

20191017_2-1.jpg

20191017_2-2.jpg

今回は2グループ。
自分のグループ、そして他グループのドローイングを見る事、感じたことをシェアすることで
ご自身のイメージが掘り起こされ、広がり、固まっていったようです。

20191017_3-1.jpg

20191017_3-2.jpg


皆さまお一人お一人、ご自身の中から生まれたイメージを形にして、それを言葉にすること、
また周りの方から作品への印象をシェアされることで気付きを得たり、モヤモヤしたりしながらも・・・

20191017_6-2.jpg

20191017_6-6.jpg

ふだんあまりアートになじみが無いとおっしゃってましたがワーク最後は個性豊かな作品が
集合しました。

20191017_5-2.jpg

20191017_5-1.jpg

顔なじみのメンバーの新しい一面をアートから感じた方もいらしたのではないかな・・・
と思います。

20191017_6-1.jpg

20191017_6-5.jpg

20191017_6-4.jpg

20191017_1-1.jpg

実はアートを描いて終わりではなく、作品との対話がまさに始まったばかり。

少し時間を置いて作品と対峙することで降りてくるメッセージがあったりします。

また作品から感じるモヤモヤこそが、普段意識しないでいた自分を知る糸口かもしれません。

自分が思うままに”描く”ことだけでも自己表現の一つではあるのですが個人ワークと異なり
ワークショップではそこから更に深めてゆくために参加者の存在、そして”言葉”が重要な
役割を果たしています。
今回はテーマが自分自身に向いているので作品との対話は特におススメです。

テーマによりアート、そして言葉の使い方が異なるので機会があれば同じメンバーで集合的な
テーマのもとアートしても面白いかもしれませんね。

ワークショップの締めくくりに、作品と一緒に皆でパチリ!
20191017_7-1.jpg

素敵なオフィス!ありがとうございました
20191017_7-2.jpg


☆ Life with Art ☆

Topic:人生を豊かに生きる - Genre:Mental/Health

少し前に勉強した「バイスティックの7原則」、
相談援助技術の基本とされていますがアートセラピーの現場でも適用されるなと思っていて、
ほぼ自分の備忘録として記載します。

どれも大切なのですが少し前の現場で下記でいうところの
「4.統制された情緒的関与」
の重要性を感じたことがありました。

クライアントに寄り添うってセラピストに求められることだけど
この「統制された」情緒的関与を心に留めておきたいと思っています。

Wikipedia「ケースワーク」より引用

1. 個別化 (individualization)
クライエントの抱える困難や問題は、どれだけ似たようなものであっても、人それぞれの問題であり「同じ問題(ケース)は存在しない」とする考え方。この原則においてクライエントのラベリング(いわゆる人格や環境の決めつけ)やカテゴライズ(同様の問題をまとめ分類してしまい、同様の解決手法を執ろうとする事)は厳禁となる。

2.受容 (acceptance)
クライエントの考えは、そのクライエントの人生経験や必死の思考から来るものであり、クライエント自身の個性であるため「決して頭から否定せず、どうしてそういう考え方になるかを理解する」という考え方。この原則によってワーカーによるクライエントへの直接的命令や行動感情の否定が禁じられる。ただし、この受容の原則を理解する際には注意が必要である。バイステックは、人を受け入れることと道徳や社会のルールに反する行為を受け入れることは違うとし、あくまで「ケースワーカーが受けとめる対象は現実である」と述べている。そのような意味でケースワーカーはクライエントをあるがままの姿で捉えることが必要であるとバイステックは主張しているのであり、何もかもを受け入れるべきであると主張しているのではない。

3.意図的な感情表出 (purposeful expression of feeling)
クライエントの感情表現の自由を認める考え方。特に抑圧されやすい否定的な感情や独善的な感情などを表出させることでクライエント自身の心の枷を取り払い、逆にクライエント自身が自らを取り巻く外的・内心的状況を俯瞰しやすくする事が目的。またワーカーもクライエントに対しそれが出来るように、自らの感情表現を工夫する必要がある。

4.統制された情緒的関与 (controlled emotional involvement)
ワーカー自身がクライエント自身の感情に呑み込まれないようにする考え方。クライエントを正確にかつ問題無くケース解決に導くため「ワーカー自身がクライエントの心を理解し、自らの感情を統制して接していく事」を要求する考え方。

5.非審判的態度 (nonjudgmental attitude)
クライエントの行動や思考に対して「ワーカーは善悪を判じない」とする考え方。あくまでもワーカーは補佐であり、現実にはクライエント自身が自らのケースを解決せねばならないため、その善悪の判断もクライエント自身が行うのが理想とされる。また人間は基本的に当初において自らを否定するものは信用しないため受容の観点からも、これが要求される。

6.利用者の自己決定 (client self-determination)
あくまでも自らの行動を決定するのはクライエントである、とする考え方。問題に対する解決の主体はクライエントであり、この事によってクライエントの成長と今後起こりうる同様のケースにおけるクライエント一人での解決を目指す。この原則によって、ワーカーによるクライエントへの命令的指示が否定される。

7.秘密保持 (confidentiality)
クライエントの個人的情報・プライバシーは絶対に他方にもらしてはならない、とする考え方。いわゆる「個人情報保護」の原則。他方に漏れた情報が使われ方によってクライエントに害を成す可能性があるため。


☆ Life with Art ☆






とても久しぶりの投稿になってしまいました💦

昨年11月になりますがNPOせたがやウキウキクラブさんのイベントで
パステルアートワークショップを開催させていただいたときの事。

こちらは2016年から毎年2回ほどイベント時に参加させて頂いており、毎回常連さんのように
参加してくれる子どもたちは回を追うごとに大きく育っていて、その成長ぶりを密かに楽しみにしています。

写真はこの回の制作風景と作品です。

1IMG_0792.jpg

1IMG_0752.jpg

1IMG_0775.jpg

1IMG_0772.jpg

1IMG_0759.jpg

1IMG_0755.jpg

一方で毎回新しく参加してくれる子もたくさんいます。
この回では3人兄弟が参加してくれた時の事。真ん中の男の子がパステルで色を塗りながら
「ぼくね、かわいいのが好き」と話してくれました。
「そうなんだ、かわいいもの好きなんだ~」と言うと
「うん!」と素敵な笑顔。

そうだよね、男の子だってかわいいもの好きだし、好きなものを好きって言いたいよね。

もちろん女の子だって同じ。

私は自分が子どもの頃、絵を描くのは好きだったけど学校の図工の時間は好きではありませんでした。
なぜなら、自分が描きたくないものを描かなければいけないし(消防車とか・・・)、リンゴをピンクに塗ったり
すると同級生にからかわれたりしてつまらなくなってしまうから。(それを先生が止めてくれた記憶もありません)

自分が好きなように表現できない「図工」は私にとって表現の時間ではなく一つの授業。
でも授業以外に私は好きなように好きなものを描ける、お絵かきの時間がありました。
お絵かき帳、画用紙、ノート、電話メモ、家にあるチラシの裏でも、さすがに壁に描いたりはしなかったけど
自分の空想のまま自由に描き散らかすのが楽しかった。

そのことについて時折思い出すのですが、この私のお絵かきについて親が叱ったりああしろこうしろと言わなかったこと、
絵については無条件に応援してくれたこと(勉強しろとはよく言われましたが・・・)
だからこそ表現においては上手下手ではなく”自分らしさ”が一番大事だ、と実感できるのだろうな、と思っています。

この少年の「かわいいものがすき」という感性がそれを言うことができる環境とともにこれからも自由に育まれますように。
ずっとブログに書きたくて、遅くなってしまったけれどようやくアップしました。


☆ Life with Art ☆








また久しぶりの投稿になってしまいました、、

早いもので今年も2ヵ月を切ってしまいましたね。

いろいろ環境の変化がありなかなか更新ができずにおります。

そんな中、アートセラピスト仲間の一人が、私の担当していた現場の一つを

引き継いでくれることになりました。

しかもファシリテーターとしてプログラム作りから当日の進行まで担当して

くれるとのこと。お休みもきちんと取って、この現場にコミットしてくれたこと、とても嬉しかった!

彼女がどんな想いで場を創りたいか、また彼女の想いが込められたプログラム等の話を聞いて

わくわく。。

この現場はアートセラピーにとても理解があって、仲間の存在と同じくらいこれまでとても助けて

頂き、成長させて頂いた大切な場所。

そこに飛び込んできてくれたその心意気がとっても嬉しいです。

最初はドキドキすると思うけれどがんばって!!

このところ、こんな風に初心を思い返させてくれる事がアートセラピーの現場で続いています。

私自身にも新しい扉が開く予感が?!

かねてより勉強したいことがあっていろいろな事情でなかなか足を踏み出せずにいますが

やっぱり一歩踏み出してみれば、というメッセージかも・・・?!

なんて思う今日この頃。その想いを覚えておきたくて久しぶりにブログに書きました。

一年が終わろうとしていますが、やりたい気持ちに期限はありませんよね。

さーて、どうしようかな

☆ Life with Art ☆







// HOME // Next page >>