~Our Wonderful life with Art and Art Therapy~   なにげない日々の生活にもっとアートを! ここでは自分自身をさらに輝かせるアートセラピー、オススメのアート、本、旅行、そしてちょっとしたイイネ!などをご紹介します☆
プロフィール

Life with Art

Author:Life with Art
Life with Art
日々の生活の中に、アートがある
そんな人生って素敵
2011年からアートセラピーをベースとしたアートワークショップを始め、約7年。

内閣府所管 一般財団法人 
生涯学習開発財団認定 
マスターアートワークセラピスト
として高齢者介護施設で
クラスを担当しています。

日々の生活の中でアートを通して自分らしさを輝かせること、自分と自分、自分と大切な誰かをつなぐ場を作りだす事が私のライフワーク。

アート×コミュニケーション、体験してみませんか☆

Master Artwork Therapist
Shikibu Nozawa
(lifewart(at)gmail.com)
お問い合わせの際は (at) を@ に変えて送信ください

※当ブログの画像・本文の無断転用、転載は固くお断りいたします。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード

QR

20170528artworkshop3.jpg

前回、

自己の中の他者に出会う、感じる、

と書きましたが、実際には他人という意味の他者ではなく

「あまり身近ではない、でも本当は自分の中にいる自分」に出会う、感じる

そんな体験だったのではないかと思います。

もしかしたらいつもの生活ではあまり出てこない、
あるいは普段意識しない自分について
自分が無意識に描いた作品から、あるいは他の方の作品から
ビビビと来ることから気づく、感じることがあります。

私が担当させていただいた導入部のアートでは
 ・馴染みある自分
そして
 ・今まであまりなじみがない(でも本当は自分の中に確実にいる)自分
両方を感じる事、出会う事で次のワークへと繋がっていったのでした。

ちなみに、今回ご参加の皆さまはホボ初対面同士。
このため、初めに佐々木さん担当のアイスブレイクで
場がゆるんだところでアートの時間では安心・安全を感じていただくため
のある仕掛けをしていました。

そんなこともあり、担当していたアートの時間が終わるころには皆さま
自分の言葉で自分の気持ちや感じたままを語っていただけていたのでは
ないでしょうか。

この後はいよいよ今回の本題である「アート×ドラマ」
ここからはまた佐々木さんにバトンタッチ。
先ほどまでのアートの自由さを引き継ぎながら
ここでまさに自分の中の他者に出会ってゆきました。

私も一参加者となって体験しましたが、もやもやあり発見あり。
事前に佐々木さんから何度も言われていた
「完結させなくていい」
と言うのはこういうことなのかーーー
という体験でした。

大人になると物事ってなんらかの形で完結させなければいけない
(できれば綺麗に)
というような無意識?のプレッシャーがありませんか??

でもドラマって別に完結させなくていい。
まさにその時その時を味わっているんだな~

と言うのが個人的な感想です。

その後、このメンバーで哲学対話。

もしかしたら、初めてお会いした利害関係ないこのメンバーだからこそ、
誰かに遠慮や気兼ねすること無く、自分の意見を自由に発言できる
のではないか・・・

逆に言うと、普段いろいろ言いたくても様々な制約があって表現したくても
しづらい方にとっては、このような場を活用して思う存分意見を発してみる
のも良いのではないでしょうか?

他の方の新鮮な意見が自分の中の何かを刺激し、芽を出すきっかけを
作ってくれる、かもしれません。

アプライドシアター研究所では毎月様々なイベントを開催されていますので
ご自身のアンテナにピンと来た方は体験されてはいかがでしょう?

アプライドシアター研究所のブログもどうぞ↓
https://appliedtheatre.wixsite.com/labo/blog

今回はこちらの場所をお借りしました。
(なんとFBのお友達が主宰しているシェアオフィスでした。渋谷駅近!)
サウスフラットシェア

<ご参考>
アプライドシアター研究所(コミュニティ&ドラマエデュケーション)

ドラマ教育ガイドブック—アクティブな学びのためのアイデアと手法

※写真はアプライドシアター研究所主宰 佐々木さんよりお借りしました。

◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇
毎月1回、開催しているアート朝活。
こちらは気楽で気軽な表現を楽しむ会です。
今月は6/25(日)の朝に開催します。
上手下手関係なく、自分の気持ちを色やカタチにしてみませんか?
詳細は下記をご覧ください。
皆さまのご参加、お待ちしております。

https://www.facebook.com/events/138053636757805/

◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇

☆ Life with Art ☆







先日、 アプライドシアター研究所主宰の佐々木さんよりお声掛けいただき、

アート×哲学対話カフェ」の導入部でアートのパートのゲストファシリテーターを担当させていただきました。

20170528artworkshop2.jpg



そもそも哲学対話カフェとは?しかもこちらはドラマの要素も入っているとのこと。
イベントページの紹介文を一部引用させていただきます↓

ドラマローグ(ドラマ×哲学対話)カフェは、月1回、週末の午後にドラマゲームで
 心身を楽しく解放し、その場で即興的に出てきたテーマについてお茶をしつつ、 
 いつも考えたことがないようなことについて、みんなでゆっくり語り合
 インクルーシブでホリスティックな対話の場です。


アートはこのドラマローグの前段階で心身を解放させ、裏テーマである
「自己の中の他者と対話する」
ことを限られた時間の中で感じていただけるよう、とにかくシンプルなプログラムにしました。

実際には対話する、ところまでは行かず、自己の中の他者に出会う、感じる、
という感じだったかな・・・。

頭の中で考えるだけでなく、まず色、線、カタチとして頭や心の中から出してみる。

出てきたものを眼で味わってみる。どんな感じ?

絵の上手下手を越え、一人の人として今自分から出てきた表現を味わうことって
普段なかなかできないことではないでしょうか?
でも、その時間、感覚は自分自身を大切に扱う事につながっています。

そしてシンプルな描画について自分の言葉で語り、また自分以外の参加者から
フィードバックをもらうことで感じることは、やっぱり、なのか予想外なのか・・・

いずれにせよ○×、正しい/正しくない、良い/悪い、の軸ではないフィードバックも
また日常ではなかなか無い体験かもしれません。

他方で、他者が描いた色やカタチがなぜか気になる・・・
(好きかもしれないしザワザワするかもしれない)それってなんだろう?と感じること。

これも大切です。

もしかしたら、自分の中で普段表現しきれていない(でも確かに存在する)何かに
反応しているから、かもしれないからです。


その2に続く

※写真はアプライドシアター研究所主宰 佐々木さんよりお借りしました。

☆ Life with Art ☆










少し前になりますが、『せたがやウキウキクラブ』 さんの春のイベントにパステルアートのコーナーとして参加させていただきました。

ご縁をいただき、ここ何年か参加させていただいています。

最初はお子さんのみの参加が多かったのですが、このところ親子でアートが多くなってきました。

お子さんにパステルアートを、と参加させるつもりでいらした親御さんに「お子さんとご一緒にアートしませんか?」
とお声掛けすると、「えっいいんですか?」と戸惑われつつも皆さま嬉しそう。

なぜか色合いが似てくる親子さん、
親御さんとお子さんそれぞれすっかりアートに夢中になって、出来上がってお互い「あら、こんな作品作ってたんだ/のね~」と顔を見合わせて笑顔の親子さん、
お子さんのサポーターに徹するお父さん、
お嬢さん方のアートを優しく見守るお母さん、
親同士、親&子、それぞれの作品を見せ合って、感想を伝え合うファミリー・・・
もちろんお友達同士で遊びに来てくれてワイワイしながらアートしてくれる子もいれば、
一人でふらりと立ち寄ってくれてすごく集中して作品を作って、
最後に「ありがとうございました」とはにかんだような笑顔で帰ってゆく子も・・・

いろんな人が立ち寄ってくださるのですが、それぞれの個性が輝いていて、
自分の作品を、そしてお互いの個性を認め合っている・・・いつもそれがとても素敵。
今回はイベントですが、普段の生活でも、こんな風に気軽にアートを通して親子、
もしかしたら親同士、友達同士が通じ合う機会があるといいなあ・・・
と改めて思ったものです。

写真を少しご紹介します。

一番最初にお立ち寄りくださったお父さん&お嬢さん
!IMG_3371.jpg

とても色合いがカラフルな絵を描いてくれた男の子。
ちょっとお母さんの作品と色合いが似ていました。
!IMG_3387.jpg

姉妹?で遊びに来てくれました。
全然作風が違うのがお分かりいただけますでしょうか・・・
姉妹でも兄弟でも、もちろん親子でも、作風はけっこう違うものです。
!IMG_3383.jpg !IMG_3385-2.jpg

「何を描いてもいいんですか?」と聞かれたので
「何を描いても良いですよ。好きな色や好きなものを描きましょう」
と言ったらおしゃべりもせず集中して描いてくれた絵。
瑞々しい色合いが印象的…
!IMG_3375.jpg

仲良し親子3人でご参加くださいました。
描いている最中、お互いの作品や思ったことなどについて
たくさんおしゃべりしていて、それがとても自然な感じで素敵。
(私が子どもの頃、お父さんという存在はとても怖い人で
 一緒に並んで絵を描いてくれるなんて想像もできません
 でした・・・
 今は昔とは時代が違うのでしょうね。)
!IMG_3380.jpg

そういえばこの日は朝から雨。
人出が少ないかなと思っていたらまさかの大盛況で、
学生さんたちにサポートしていただけて、体はクタクタだったけど
心はほっこり。

人と人をつなぐアートって、やっぱりいいものだなあ~
って思った一日でした

☆ Life with Art ☆








秋晴れが気持ち良い連休の一日、せたがやウキウキクラブさん@昭和女子大の
「秋のウキウキまつり」にて”パステルアートで遊ぼう♬”というワークショップを
担当させていただきました。

お子さんだけでなく親御さんも気軽に楽しめるアート、ということで
パステルの優しく柔らかい色合いを楽しんでいただきながら
カードを作るというワーク。
パステルは初めて、という方がほとんどでしたがちょっと下描き
などをしていただくことで画材に馴染んでいただけたようで
作品が仕上がるころには皆さま笑顔いっぱい!
途中順番待ちをしていただくほど大盛況で用意していた34枚の
カード全てがどなたかのアートにと姿を変えました
ご参加くださった皆さま、ありがとうございます

一番乗りで「これやりたい!」といらしてくださった可愛いお客様
20141123image_2.jpeg

親子三人で描いたクリスマスカード
(お父様の絵とお母様の絵がシンクロしていて素敵でした
20141123image_7.jpeg 20141123image_9.jpeg

12月お誕生日のおばあちゃまへ、似顔絵付きのカード
(髪にお花が!なんて愛らしい
 このあと「おたんじょうびおめでとう」のメッセージも 泣)
20141123image_10.jpeg

大好きなお馬さん
(線に迷いが無い! 何も見ないで馬って描けますか?!
20141123image_15.jpeg

姉妹でクリスマスツリー
(向かい側ではお母様も制作中でした。親娘でアートっていいなあ
 お母様&娘さんのペアは他にもいらしてくださいましたが
 意外と娘さんがしっかり?してたりして微笑ましかったです
20141123image_13.jpeg

少しづつ少しづつ、丁寧に丁寧に描いて貼って作ったカード
(お母様が「もう終わり?」と何回も聞くのですがその度に「ううん」と
 首を振ってご自身が納得するまで仕上げていました)
20141123image_17.jpeg

写真は無いのですが、
「これは何するんですか?」と質問した小学3、4年生くらいの女の子。
「このパステルを使ってカードを作るの。自分自身へのカードでも
 良いし、お父様やお母様、おばあちゃまへのカードを作った子も
 いたわよ。」と答えると他のお友達がクリスマスツリーを描いて
いるのを見て
「クリスマスツリーを描くんですか?」とさらに質問。
そこで
「絵は何を描いてもいいのよー。 好きな色を塗るだけでもいいし、
 描きたいものを描いてね!」と伝えると、
うん、と小さくうなずいてお花とリボンを描いてくれました。

いいないいな。
自分以外のお友達がツリーを描いていたって、”わたし”が
描きたいのはお花とリボンだったのね。

例えば、皆がツリーを描いていて、自分も描きたかったら良い、
でも皆が描いているから私もツリーを描かなければいけないんじゃないか・・・
という気持ちで描くのはもったいない。
でもこの女の子は自分が描きたいものを描いてくれました。

改めて振り返ってみると、皆さま思い思いにご自身が描きたい
ものを描いて下さっていたな、、とあれから少したった今でも
嬉しくなります。

あなたのその感性、大事にしてね
「ありがとうございました」と礼儀正しくお礼を言って去ってゆく
彼女を見送りながら心の中でつぶやいた私でした。

☆ Life with Art ☆





普段は"色"が大好きな私。 しかし今回は敢えて封印。

・色のない(少ない)世界でも自分の気持ちを表現すること。

・クレヨン、紙よりももっと身近でミニマムな素材を自己表現
 やコミュニケーションのツール、手段として使うこと。

その2つをテーマにワークショップを開催しました。

タイトルは
 「アート×コミュニケーション 
   ~以心伝心?! イメージの力で伝わること、伝わりやすくなること~」

私がアートセラピストとして活動を始めたのは2011年からになりますが、

その前の2010年、アートセラピーをテーマにしたワークショップを開催
させてくださったのが「Hiro志塾」でした。

こちらはジャンルを問わず、チャレンジしたいと手を挙げた人が刺激役
となり2時間程度のワークショップを開催させていただける場。
もう6年以上?続いていますがなんと来年の春まで刺激役担当の予定
が埋まるほど大盛況の会です。

そんなHiro志塾で第5回目となるワークショップを開催させていただく
機会がありました。

先のテーマで使った素材。
それは







新聞紙です!

エ、それでアート(゚Д゚;) ?! と思うなかれ。
意外といろんなことができるのです。

まずはウォーミングアップで新聞紙の可能性(笑)を感じていただき、
一人ワーク。
ここで新聞紙を破ったり丸めたりする中で自分の気持ちがどんな風に
動くか、感じてみます。
ビリビリ破くのが気持ち良い方がいれば、切れ込みは入れるけれど
離さない、ということに心地よさを感じる方も。
どれが良い悪いではなく、あくまでも自分自身の感じ方を大事にします。

そしてペアワーク、先の一人ワークで作った作品を使って。
自分の意図や気持ちは伝えずに、ペアになった相手の方は作品を見て
どんな風に見えて感じた?をシェアしていただきます。
ここでは例えばペアの二人が図らずも”気持ちよさ”がテーマになっていて
も出来たものが全く違っていたり、見かけは全く異なるのに、話を聞いて
みると同じようなテーマだったり。あるいは自分が意図したものに対して
ナナメ上?からの感想が飛んできて戸惑ったり感心したり・・・
同じ素材を使っても同じものは一つとしてない。
当たり前ですが、”多様性”、”個性”に改めて気づくきっかけとしての
導入です。
image (2)

次はペアで、何も話さず、このペアで作りたい、”何か”を作ってみました。
 ”阿吽の呼吸”と言いますが、通常であれば言葉を使い意思の疎通が
できます。
しかしそこに言葉が無かったら、意思の疎通はできるのでしょうか?
そんな場に生まれるのはストレス?あるいは思いがけない創発力?

何を作るか、話し合えないということで皆様最初は戸惑いがあったようです
が、一度何やら形ができ始めてくるとそれぞれのチームでユニークな作品
が次々と生まれます。
image(48).jpeg

二人で作品を作り終えた後にシェア。何を思いながら作った?
そして今の気持ちは?
image (18)

image (33)

次に全員でシェア。 ペアそれぞれ何を感じながら作った?
周りの方は作品から何を感じた? 
image (13)

とある作品。
まず製作者はもともと帽子をイメージして作品を作り始めたのだそうですが
ペアのパートナーの方がそこにいろいろ付け足して結果として何やら山っぽい
作品になりました。
ところが、その作品を見た別のチームの方が「なんとなく兜?、被り物のように
も見える」との発言。
その製作者の方はご自身の当初のイメージを汲んでくれたと大喜び。
そういわれると帽子にも見えてくるから不思議なものです。
自分が発信したいものと人から見えるものは違うかもしれない。
そのギャップから新しいものが生まれる可能性があるし、自分の感性と
通じ合う人を知ることで繋がることの喜びを感じることもできる。
このワークを通して感じること、気づくことも人それぞれです。

!image (37)

そして最後は3~4名でのグループワーク。
ここはグループ内で自由に話し合いながら作品作り。
すると、机を飛び出して床いっぱいを使うダイナミックな作品を作ったり、
新聞紙をどうにかして3D的作品を作ったり、
今までの作品をトランスフォームさせて新しい作品が生み出されたり・・・
と、実にユニークな作品が出来上がりました。

クレヨンなども使ってよいことにしたので少し色も付いていますが、
新聞紙という素材から、これほどまでに楽しさや豊かさ、ユニークさ、
さらにはチームダイナミクスまで感じるとは・・・
予想をはるかに上回る、皆様の創造性、感性を感じた時間となりました。

思わず立ち上がって形を整えます
image (26)

完成品はこちら! 老舗旅館の お・も・て・な・し がテーマ ^ ^
image (44)

こちらは床いっぱいに広がる ”海”
image (34)

さまざまな生き物、船などが行き交う豊かな海です
image (43)

こちらは立体感のある作品
ジョイント部分など、工夫が凝らされています。
(ちなみに全作品、糊、はさみなど一切使っていません!)
image (31)

蛸?のファミリー
静止画像ではお伝えしづらいのですが、実はエアコンの風の当たりを利用して、
イソギンチャクがゆらゆら揺れていました。 ちゃんと構図を計算されていたそうです。
すごい!
image (8)

以下にご参加の皆様の感想を一部ご紹介いたします。

・アートを通してコミュニケーションを取ると人と人との距離が近くなるのが早くなると感じた。

・イメージを形にすること、自分のイメージが他の方のアイデアで広がっていった点が楽しかった。

・アートする喜びとパートナーとの一体感が味わえた。

・大人になってかたーーーくなってきた頭がすこしほぐれた。

・童心に返って楽しめた/自由に取り組めた。

・イメージ力が鍛えられた。

・想像力がかきたてられて楽しかった。


イメージの力で伝わること、伝わりやすくなること
”イメージ”という視覚情報を用いることで、伝えたいことを共有する手段が増える、
ということは間違いありません。
さらにそのイメージが借り物ではなく自ら、あるいはチームが手を動かして作った
ものだからこそ言葉のみならず感情や気持ちの面において分かち合える、伝わる
ものがあるようです。

この感情や気持ちを伝えること、分かち合うことって日常生活からビジネスシーン
など、さまざまな場面において実はけっこう重要なのではないかな~・・・と思うのでした。

こんなワークショップ、開催ご希望の方はご連絡ください

lifewartアットgmail.com(”アット” 部分を@に置き換え)

☆ Life with Art ☆













// HOME // Next page >>