FC2ブログ
~Our Wonderful life with Art and Art Therapy~   なにげない日々の生活にもっとアートを! ここでは自分自身をさらに輝かせるアートセラピー、オススメのアート、本、旅行、そしてちょっとしたイイネ!などをご紹介します☆
プロフィール

Life with Art

Author:Life with Art
Life with Art
日々の生活の中に、アートがある
そんな人生って素敵
2011年からアートセラピーをベースとしたアートワークショップを始め、約7年。

内閣府所管 一般財団法人 
生涯学習開発財団認定 
マスターアートワークセラピスト
として高齢者介護施設で
クラスを担当しています。

日々の生活の中でアートを通して自分らしさを輝かせること、自分と自分、自分と大切な誰かをつなぐ場を作りだす事が私のライフワーク。

アート×コミュニケーション、体験してみませんか☆

Master Artwork Therapist
Shikibu Nozawa
(lifewart(at)gmail.com)
お問い合わせの際は (at) を@ に変えて送信ください

※当ブログの画像・本文の無断転用、転載は固くお断りいたします。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード

QR





max ernst

横浜美術館で開催されていた、『マックス・エルンスト -フィギュア×スケープ』展の
最終日になんとか滑り込みました。

彼はシュールレアリズムの画家の一人で以前ブログに記事を書いたアーティスト、
ドロテア・タニングの夫でもあります。


予想以上に沢山あった展示作品の中で、一番印象深かったのがこの絵『The Last Forest』
でした。
(英文はこのような表記ですが、フランス語はちょっとニュアンスが違うのでは無いかと
 思っていて・・・探したけれど判らず 泣)

彼は1920年代後半によく森や環を描いていたようです。
金環蝕は先日日本の一部でも見る事が出来ました(私も見ました!)が、消失と再生を意味
するものでもあるとか。彼がそのような意図を持っていたかは判りませんが、その時に描か
れているのは朽ち果て、乾ききった化石のような、垂直にそびえる木々の向こうに見え隠れ
する環・・・というような作品です。

対して、その時期から下ること40年ほど。1969年に描かれたというこの『The Last Forest』
のうごめく生命感。有機的な形。葉、花?、実?と思しきものも見え隠れしています。
さらにその森と同化するような環。

タイトルは同じ"森"でも彼の中では何か変化があったのだろうなあ・・・と思ってしまうような、
リズム、エネルギーのうねりを感じました。

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

エルンストの出会いは、先のブログに書いたように子どもの頃家に届けられていた『世界の美術』
という冊子。

その時の衝撃は今でも思いだせる位鮮明です。怖いような、でもその絵の中の世界に
入ってゆきたいような・・・固まったようにそのページを観ていた、子どもの頃の自分を
思い出します。
なんとか一度、本物を観たいと思ってやまない・・・それがこの『The Eye of Silence』
という作品です↓

The-Eye-of-Silence-Max-Ernst-1943-44.jpg

この何とも妖しくて、美しい世界。

『The Last Forest』にも通じるかと思いますが、彼の作品に描き出される、どこかここでは
ない星、あるいは違う世界でうごめく何か(生命?)とそれらが織りなす物語が、私を魅了して
ならないようです


☆ Life with Art ☆


スポンサーサイト








image.jpeg

昨日は父の日でしたね。
皆さまはどんな風にお過ごしでしたでしょう?

ちょうどこの日、仲間とアートカフェを開催しました。
『アートカフェ』ではカフェでお茶を選ぶように、いくつかのアートプログラムから
その日の気分でやってみたいな、と思うものを選んでいただき、実際に作品と
して仕上げてゆきます。(お茶とお茶菓子もお出ししてます^ ^)

そして、この日は特別メニューとして父の日にちなんで「思い出いろいろアート」
というプログラムも。

一時期CMで「お金で買えない価値がある。・・・」というキャッチコピーが
流行りましたね。

お金で買えない価値はいろいろあるけれど、『思い出』はその中でもとても
大切なものなのではないでしょうか。

・・・自分の子どもの頃を改めて振り返ってみると・・・
遡れば、あれは3歳頃だったか、父のひざをよじ登っていた自分とか
普段は気難しいのにそういう時は頬が緩んでいた父とか・・・・・
嬉しかったり楽しかった事もあれば怒られて泣いたり拗ねたりした事も
たくさんたくさんありました。。。

そんな思い出を、具体的な場面、、でも良いけれど、”イメージ”として
色や形であらわしてみたら?

昨日はそんな風にお一人お一人の記憶の中にあるプライスレスな思い出を
アートにされていました。

仕上がった作品を見て、改めて今感じている気持ちや思い出を味わったり、
これまで通ってきた過去、現在を思い、さらに未来にまで思いを馳せる
ゲストの姿に胸がじーーーんとした私。

父との思い出をきっかけとして、いろいろな事を思い返してみれば良い事も
そうで無かったことも、自分の体験全てが、”わたし”を作っているのだなあ・・・
とも思えるようになりました。
今だからこそ、なのかもしれませんが


* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *


今回はご家族で、母子、父子で、お一人、お友達と一緒に、、、等々
性別、年代、単位?(一人から家族まで)も様々な方がいらしてください
ましたが、そもそもみんな違ってみんな良い!のアートなので前述の
父の日スペシャルプログラム以外のアートも思い思いに楽しんでくださって
いました。

image_21.jpeg
制作に熱中するお父様!
(この後、娘さんから父の日アートをプレゼントされてとても喜んでいたそうです


image_32.jpeg

飛び入り参加して下さった素敵女子2人組+スタッフ 笑顔!

性別も年代も、国籍もバックグラウンドも、いろいろな人が、ふらりと立ち寄って、
気軽にアートを楽しめて、アートを通して自分の気持ちに耳を傾けたり、リラックス、
りフレッシュできたり・・・
日々の生活の中でこんなことが当り前のようになってゆくといいな。

という想いでアートカフェ、やってます

次回は7月22日(日)に開催です

☆ Life with Art ☆






少し前になりますが、5月の終わりにワークショップを開催しました
題して「わたしのココロ、リフレッシュ」
新緑の瑞々しさを感じながらアートを楽しんで、そこからエネルギーを
もらったり、リフレッシュしていただけたら良いな、という想いを込めた
プログラムです

まずはスタッフ各自が持ち寄った朝摘みの葉っぱたちで机や会場をデコレーション

o0480064012005079655-2.jpg


まず最初は好きな葉っぱを選び、その葉っぱから感じる”色”を机の上の紙
いっぱいに描いてゆきました

色や形が重なり、どんどんイメージが広がってゆきます
IMGP1169-2.jpg

この頃には皆さん席から立ち上がり、手や腕、体いっぱいを使って色や形を机の上
いっぱいに広げていったり、他の方の作品とコラボレーションしたり、自由な交流
があちらこちらでうまれていました

そしてこの瑞々しさや軽やかさ、楽しさやダイナミックさ、このエネルギー
おうちでも感じていただけるよう、好きな場所を切り取って、自分の作品に仕上げて
ゆきます

IMGP1174-2.jpg


IMGP1178-2.jpg

最後は皆で展覧会! 
IMGP1192-2.jpg

今回は3歳から成人男女までご参加いただきましたが、始まってしまえば年齢も性別も
関係なく夢中になってしまう、アートの力ってすごい!

たくさんの葉っぱから発するエネルギーと、思い思いのダイナミックな表現を楽しんだ
ひとときでした^ ^

☆ Life with Art ☆





// ホーム //