FC2ブログ
~Our Wonderful life with Art and Art Therapy~   なにげない日々の生活にもっとアートを! ここでは自分自身をさらに輝かせるアートセラピー、オススメのアート、本、旅行、そしてちょっとしたイイネ!などをご紹介します☆
プロフィール

Life with Art

Author:Life with Art
Life with Art
日々の生活の中に、アートがある
そんな人生って素敵
2011年からアートセラピーをベースとしたアートワークショップを始め、約7年。

内閣府所管 一般財団法人 
生涯学習開発財団認定 
マスターアートワークセラピスト
として高齢者介護施設で
クラスを担当しています。

日々の生活の中でアートを通して自分らしさを輝かせること、自分と自分、自分と大切な誰かをつなぐ場を作りだす事が私のライフワーク。

アート×コミュニケーション、体験してみませんか☆

Master Artwork Therapist
Shikibu Nozawa
(lifewart(at)gmail.com)
お問い合わせの際は (at) を@ に変えて送信ください

※当ブログの画像・本文の無断転用、転載は固くお断りいたします。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード

QR





その1からの続きです)

・・・一日目の終わり、この感動をお伝えしたい!とグレッチェン先生に突撃(?)した私。
本当に素敵な体験だった、明日もとても楽しみです!(ここで止めておけば良かった・・・)
ですが、明日は粘土を使うようだけれど実は私、粘土があまり得意じゃなくって、、、などと
口走ってしまったのでした。

そんな私に先生はやさしく
 「手で触るのがいやならば道具とかを使っても良いし、やらなくてもいいのよ。
  無理に形にしようとしなくても良い。
  粘土を前にして自分が何を感じているか、味わってみてね」と言って下さったのでした。。

(なんと!形にしなくても、あるいはやらなくても良いんだ!)と思うと若干重たかった
気持ちも晴れやかなものに。

アートセラピーってこういうところが本当に素敵だなあと思うのです。
やりたくなかったら、やらなくてもいい、やらない自由もあるということ。
大事なのは、自分との対話(今、何を感じてる?私、本当はどうしたいの?・・・)

-----------------------------------
2日目の朝、教室に入るとそれぞれのテーブルの真ん中にどどんと大きな粘土のかたまり。
そして各自の席の前にもどん!と置かれた粘土。

こわごわ見ると、油粘土とはどうも様子が違い、「陶芸粘土」というものだそう。
ラップに包まれた塊は適度に柔らかく、赤土っぽい。ちょっとざらっとしたテクスチャー。
そしてあのいやなにおいが無い。

先生のガイドにいざなわれてラップを外し、目を瞑って直接触ってみる。
すると不思議な事に私自身が大地に、地球に、そしてなぜかはるか遠い昔の先祖とつながって
いるような、赤土の大地で暮らしているような感覚を覚えるのでした。
それはとても優しく、温かく、何か大きなものに包まれているような安心感や、力強い生命力
のような・・・
粘土からそうしたエネルギーが流れ込んでくるようです。

素材の力って大きいなあ・・・とまたここで一つ学びました。

次に自分の粘土を両隣の人につなげてゆくワーク。
これは癌を患った方とそのご家族に対して行うワークの一つとの事でしたが、ただただ、
この粘土を両隣につなげ、その上に自分の手を置くだけで、この輪になったグループ一人ひとり
の存在を感じ(中には今回初めてお会いする方もいらしたのですが)、エネルギーの流れを感じ、
そのグループだけではなく、もっともっとたくさんの存在と根っこでつながっているようにも
感じ・・
何か判らないけれど、何かに満たされてゆく感覚を味わいました。

その後は、粘土や様々な素材を使って好きなようにデコレーション。
私のエリアは『お宝が眠る入江』(笑)
グループ全体を見ると、森っぽいところ、海っぽいところ、お宝の山っぽいところ、神聖な神殿の
ようなところ、そしてかっぱがのんびりするおうちあり(笑)
それが一つの世界となって、同じ物語を共有することで、お互いのメンバーをより近しく感じる
自分がいました。

きっと、病気(しかも深刻な)を患っている方にとって、このワークは自分と大切な家族や友人
とのつながり、絆を心の深い深いところで感じることのできる、とてもpreciousな体験になるん
だろうな・・・と思いました。(当人だけではなく、周りの方も)

『お宝が眠る入江』
↓この頃には「粘土があまり好きじゃない私」は完全にどこかに行ってました(笑)

IMG01983-20120715-1305-2.jpg


『かっぱのおうち』 
かっぱが「ハァ~イ♪」と手を挙げて、迎え入れてくれています。
一冒険終わったところだったかな(笑)

IMG01981-20120715-1300-2.jpg

-----------------------------------

2日目は、もう一つワークがあったけれど、この粘土のワークは私の粘土観をガラリと変えて
くれた、とてもとても大きな体験でした。

まずは”素材の持つ力”を実感したこと(同じ粘土でも種類によって感じ方が全然違う!)、
そして粘土を通して一緒にワークする友人、仲間や家族等々、だけでなく大地、地球やご先祖様
(?!)ともつながれるという、大きくて深くて濃い、満たされる感覚を味わえるということを
知ったこと!!

  (・・・もしかして丁度このWSの前に、生命や地球がこの広い宇宙に存在していることの
   不思議についてお話を聴いたり本を読んだりしていたので余計にそう感じたのかもしれま
   せん。。。)

どちらかというと今まで自分でやってきたワークは「自分を感じる」ものが多かったかなと思う
けれど、こんな風に大地や地球、そして人と人、のつながりを感じるワークもやってみよう!と
燃えている私です


☆ Life with Art ☆


スポンサーサイト







先の3連休、グレッチェン・ラッド先生による、芸術療法ワークショップに参加しました。

グレッチェン先生はカナダのバンクーバーアートセラピーインスティチュートhttp://www.vati.bc.ca/index.htm
にて制作とグループセラピーの授業を受け持っていらっしゃいます。
またカラニッシュ・ソサエティ(癌患者とその家族のための療養所を提供する非営利団体)で癌と
共に生きる人々、そのご家族等に対してアートセラピーを提供されています。

今回は主に先生のカラニッシュ・ソサエティでの活動についてお話をいただき、アートワーク
を実際に体験するという2日間でした。

日本では病院、療養所におけるアートセラピー実践の話を聞く機会がなかなかないのでその日を
本当に楽しみに待っていた私でした。

当日、のっけから先生の優しい笑顔と暖かい声(声質ってとても大事!)、もうそれだけで大きな
会場全体が安らぎに満たされるよう。

スライドで紹介されるカラニッシュ・ソサエティのコテージは屋内も素敵だけれど屋外は沢山の
木々や草花に囲まれてそれはそれは美しいところ。ここに死にいたるほどの病を抱えた方々や
そのご家族が心を癒しに来る場所です。

ちょうどコテージは崖(cliff)の上に建っていて、近くを川が流れているそう。それはここに
来る方々が様々なものを「Let Go」する為のものでもあるのだとか。

-----------------------------------------------------------
そんなグレッチェン先生のワーク2日間を通して感じたのは

「Connection」 つながり、とか関係性

なんとなく「つながり」というと、自分と誰か、とか誰かと誰か、との”つながり”を思い浮かべ
ます。

しかし、1日目のワークで、まず大切なのは

自分と自分のつながり

なんだということを感じました。


ペン、チョーク、絵の具。テクスチャーを変えながら、何かを描くのではなくただ感じるままに、
手が動くままに画用紙の上が白と黒で埋まってゆきます。

「うまくかかなくてもいい」「形にならなくても良い」「その時々に私は何を感じている?」

自分の心や気持ちとつながって、感じて、と先生は言います。

私はどうしたい?そんなことを自分に問いかける時間、また自分がしたいことを好きなように
させてあげるアート。何かを描こう、いえ、描かなければならない、ということから自由になって
私がしたい事をさせてあげること。それはまるで、種から芽が出て、双葉になり、やがて葉っぱや
枝が自らの力で上や横に広がってゆくように、私と私がつながることで、自分の中から何かが湧き
でて、上や横に伸び、広がってゆくような感覚を覚えました。

そうして同じように伸びてきた近くの葉っぱや枝やもしかしたら根っこのような何かと自然につな
がりあって、広がってゆく・・・

本来、つながりってそういうものなんじゃないかな。自分自身を置き去りにして、自分以外につな
がろうと手を伸ばすのではなく、自分自身とつながることで自然に湧き出て伸びてゆくものが、
同じようにして伸びてきたものと出会ってしまう、そんな風にと思ったのでした。

下記は先生のガイドを受けながら、全く自由に描いた作品
左上と右横上がそれぞれお隣とつながっていました。
使用した紙パレットも貼ってしまった さて、どこでしょう?(笑)

IMG01992-20120715-1720-2.jpg


次は先生からの3つの問いかけ。

How we lived ?

How we loved ? 

How we learned to let go ?

どのように生きて、愛して、そして手放すことを学んできたか・・・

まるで禅のように白い画用紙に対峙しながら、何かが湧きあがってきた時、
その瞬間を捉えて、画用紙に筆を走らせます。

何かが湧きあがってきたその瞬間、それが何になるか私自身にも判りません。
言葉にもならない。
ただその衝動をすばやくキャッチし、”表現”する!

さて、私は普段、自分の中に湧きあがってきた大切な何かをどれだけ無視して、
キャッチせずスルーしてしまっているのでしょう。
「言葉や形になるまで待とう」なんていうのはまだ良いほうです。
せっかくの何かを「意味の無いもの」「単なる思いすごし」もしかして
「そんなものは邪魔!」などと、邪険に扱ってしまっていなかったか・・・

そこですばやくキャッチしたものが後々自分にとってとても大切なメッセージと
してコトバになったり形になったりするかもしれないのに・・・
気付かないままやり過ごしてしまうかもしれないなんて、本当にもったいないこと。

これも、自分自身とつながろうと”意識”すればこそキャッチできることなんだろう
なと思います。そんな反射神経を鍛えるような?ワークでした。
(やっぱり何事も練習が大事^^ いきなり本番でうまくやろうとしても難しいものです・・・)

上記、グレッチェン先生の3つの言葉からそれぞれ作品を作りました。
その後、そのアート達からイメージを膨らませて、何かが生まれるとしたら?
私からはこんな作品が生れてきました。

IMG01977-20120714-1809-2.jpg

こんな風に、やり方も素材もとてもシンプルでも、想像以上に自分と深くつながり、本当の想いを
感じ取ることが出来る・・・内側で発生していたすごく沢山の思いの行き来を感じていた^^
そんなアートの一日目でした。

ちなみに、自分の内側から自然にあふれ出てきたエネルギーって、自分もだけれど周りも元気に
するパワーがあるみたい

そして、いよいよ2日目、それは私が最も苦手とする画材、粘土を使用するものでした・・・
(その2につづきます・・・書きたい事が沢山あって、短くまとめられなかった!!)


☆ Life with Art ☆







先日、心躍るお話を伺ってきました。

題して、

   『太陽系外の地球たちに生命を探せ!』

もう、タイトルからワクワクしてしまうのですが、これは「東工大の最先端研究」
というシリーズ講演の一環で、現役の先生方が最先端の研究について、一般の人にも
判りやすくお話して下さるというものです。

今回講師をしてくださった佐々木先生のお話はとても判りやすかった!
先生のブログにはその時の資料が公開されています。

そもそも、こんな広い宇宙に、太陽系外惑星(太陽以外の恒星の周りを回る惑星系)
が無いなんて、あり得ないでしょ!と思いますが、実はずううっと「検出できない」
とされていたそうで、見つかったのは意外にも1995年だった、

とか

見つかった惑星というのも、いわゆる太陽系にある惑星とはずいぶん異なる様相をして
いるものだったり

とか

じゃあ、生命を宿す惑星を発見しよう、という試みに対して、宇宙において、生命の存在
条件て何?
そして、太陽系外惑星に生命は存在するのか?するとしたら何を以って証拠とできるのか?!

などなど、ほんの1時間ではありましたが、まるで私も惑星科学を研究しているような、
あるいは宇宙を探検しているような気持ちを味わいました。

そして、興奮冷めやらぬ帰り道で思ったこと。

「宇宙に生命は存在するのだろうか。」

・・・皆さんはどう思われますか?

私はやっぱり、いないほうが不自然のような気がしていて。人間とは似ても似つかないような
様相をしているかもしれなけれど、願わくば友好的な存在として遭遇したいな、と思うのです。

さらに、改めて私が思ったこと。それは、

「地球の外から地球を見たい!」

blue marble2

この美しいBlue Marbleを画像や映像ではなく、自分の眼で見たい
宇宙飛行士じゃなくても、ものすごいお金持ちじゃなくても、
ちょっとした海外旅行感覚で、宇宙に行ける時代が、早く来てくれるといいな。

----------------------------------------------

ちなみに、今回の講演を実に生き生きと語ってくださった先生、
子どもの頃から宇宙大好き少年だったのかと思いきや、
「小さい頃は本が大好きでどちらかというと文系的」だったとのこと。。。
(それでも理系に進まれたのでそちらの素養は充分おありだったと思いますが)
意外でした・・・

☆ Life with Art ☆


// ホーム //