FC2ブログ
~Our Wonderful life with Art and Art Therapy~   なにげない日々の生活にもっとアートを! ここでは自分自身をさらに輝かせるアートセラピー、オススメのアート、本、旅行、そしてちょっとしたイイネ!などをご紹介します☆
プロフィール

Life with Art

Author:Life with Art
Life with Art
日々の生活の中に、アートがある
そんな人生って素敵
2011年からアートセラピーをベースとしたアートワークショップを始め、約7年。

内閣府所管 一般財団法人 
生涯学習開発財団認定 
マスターアートワークセラピスト
として高齢者介護施設で
クラスを担当しています。

日々の生活の中でアートを通して自分らしさを輝かせること、自分と自分、自分と大切な誰かをつなぐ場を作りだす事が私のライフワーク。

アート×コミュニケーション、体験してみませんか☆

Master Artwork Therapist
Shikibu Nozawa
(lifewart(at)gmail.com)
お問い合わせの際は (at) を@ に変えて送信ください

※当ブログの画像・本文の無断転用、転載は固くお断りいたします。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード

QR

毎月1回、施設に入居されているシニアの方々を対象としたアートセラピー
クラスをサポートしています。

今月のテーマはちょっと早いですがクリスマスツリー。

とはいえ、街中はすでにクリスマスムードですし、例えば1ヶ月前から窓を
開けてゆき、クリスマスの訪れを楽しむようなカードやクリスマスの数週間前
から少しずつ切り分けてたべるようなお菓子などもありますよね。

そんなふうに、クリスマスまでの日々を楽しんでいただけたら良いな、という
思いで私たちスタッフはクラスが始まる2時間も前から集まって、プログラムは
もちろんのこと、お互いの近況報告から、その日どんな場を作りたいか、
などなど、時には準備も兼ねてシェアします。

普段はそれぞれ別の生活をしているメンバーが、今日この時間を一緒に作り
上げてゆく仲間になってゆく、大事な時間なのです。
(シニアの教室だけでなくアートカフェやワークショップの時も同様です)

このクラスは施設の中でも最も介護度が高い方たちがご参加くださっています。

今回集まった時も、比較的最近クラスにご参加くださっている方がお亡くなり
になった、という話を聞きました。
このクラスの中ではお年も若そうで、前にお会いしたときはお元気そうだった
のに・・・
と、にわかには信じ難い話でしたが、やはりいつどうなるか、ということは
シニアじゃなくても誰にでも起こりうる事なのですね。
ついその事実を忘れてしまっている自分がいました。

そんな事もあり、今日お会いできる皆さんには楽しい時間を過ごして
いただこうね!と気持ちを新たにして施設に向かったのでした。

クラスでは私たち以外にも施設の方がお手伝いに入ってくださいます。
その日は施設の方がとても積極的にお手伝いして下さり、準備もスムース
(これ、とても大切なことなのです。)その流れに乗るように、参加して
くださるシニアの皆さまも歌を歌ったり体操して体を動かすうちにだんだん
エネルギーが湧いてこられた様子。
ツリーを作る頃はすっかり夢中になっていらっしゃいました。

お一人で作ることが難しい方でも私たちスタッフや施設の方が手を添えたり、
その方の好きなモチーフやそれらを貼る場所もお聞きするなどできる限り
お一人お一人の「これが好き!」「こうしたい!」という気持ちを大事に
しています。
どれがお好きでどれがお好きでないか・・・ほんのかすかな表情の違いなどを
感じられる瞬間はサポートだからこそ味わえる喜びです。

そして毎回、一番最後にはこの時間を過ごしてくださった事への感謝を込めて
おひとりおひとりの作品をご紹介します。

今回も順番にご紹介してゆく中で、90歳を越えていらっしゃるというBさんの
番になったときのこと。

ファシリテーターが「こちらがBさんの作品です!」と作品を掲げると、なんと
Bさん自ら拍手をしてくださったのです。

Bさんは毎回クラスにはご参加くださっていて、こちらからお話すると応えて
くださいますが、かなりご高齢ということもあり、あまり自ら何かされることが
少ない方です。そんな方が、思わず拍手をしてくださった・・・

例えば自分だったら、思わず拍手をしたくなる時って、どんな時?と考えると、

 誰かや何かに感動して、その気持ちを伝えたいとき

とか

 喜びや嬉しい気持ちがお腹のそこからこみ上げてきたとき

かな、と思います。(皆さんはいかがでしょう?)

もちろん、Bさんの本当のお気持ちは判りません。でも、その場の雰囲気を
さらにぱあっと明るくしてくださったことは間違いありません。

Bさん、そしてその場みんなの拍手で暖かい場が笑いと感動で更に元気に
なるような?!楽しいシェアの時間になりました。

体調という点では、いつどうなるか判らないという事実はあるけれども、
年齢とエネルギーは必ずしも比例しない。
高齢だから、、、といってあれやこれは難しいだろう、というのではなく
年に関係なく楽しい気持ちを味わうこと、そしてほかの方ともその気持ちを
シェアすること・・・そんなことを味わうことができる、このクラスが大好きです。

!IMG02289-20121124-1442.jpg


* * * * * * * * * * * * * *

そういえば、私は今回初めて知ったのですが、クリスマスツリーやオーナメント
の形にはそれぞれ意味があるのだそうです。

ツリー(常緑樹):強い生命力をもって一年中葉を茂らせる緑の姿は永遠を、
         さらに神の永遠の愛、イエス・キリストが与える永遠の命を象徴 
 
先端の星や玉:キリスト生誕時に輝き、賢者 (王、学者) を生まれた地へ導いた
       星とされ、希望や約束が守られた印を表す

リンゴや赤い玉:エデンの園の知恵の実とされ、豊かな実りや幸福などの生きる
        喜びをもたらす果実、永遠の象徴

リボン:良い心で永遠に結び合わされる

ベル (鈴):キリストの誕生 (救い主の到来) を知らせる天国からのあいさつの喜びのベル
      音が邪を払う魔よけ
などなど・・・

こんなことを知るとツリーの飾りつけが一層楽しくなりそうですね
ちょっと早いですが、皆さまもどうぞ楽しいクリスマスを


☆ Life with Art ☆

スポンサーサイト



遠くには富士山の白い頂きが見えるくらいすっきり晴れた11月の週末、
自由が丘でアートカフェを開催しました。

今回のテーマは

『毛糸でまきまき わたしの年輪アート』

このテーマを仲間たちと考えているとき、

「12月に入ると色々気忙しくなってしまうから、11月のうちに一年を振り返って
 みるのも良いよね・・・」

「でも振り返るにはちょっと早すぎるかなあ~」

などという話をしていました。

が、11月に入ると街はもうクリスマス色、年末の訪れを意識せずには
いられません。
師走とはよく言ったもので12月は毎年あっという間に過ぎてしまうので
この時期にこのテーマは、意外とタイムリーだったかもしれません

さて、今回は自由が丘の住宅地にある、隠れ家的なサロンでの開催。
お天気も良いし私たちスタッフも自由が丘の街を楽しみながら、ゲストを
お迎えしました。

父娘、姉妹、お友達同士、お出かけのついでにふらりとお立ち寄り下さった方、
「自由が丘初めて来ましたー」といいつつも迷わずいらしてくださった方・・・
リピーターの方も、初めての方も思い思いに年輪アートを楽しんで下さいました。

!IMG02265-20121118-14432.jpg

!IMG02271-20121118-1520.jpg

お一人お一人、過ごしてきた日々は様々。そしてそれを表現する方法も様々。
なので作り出されるアートは一つ一つが本当に個性的。
その輝きに触れることができるのが何よりも楽しいのです
そして更に楽しいこと、それは、たまたま時間が重なったりしてその時に居合わせる
ゲストの方同士、スタッフを含めた軽~い交流。
「わあ~ そんな風にできるんですねえ」
「これはどんな感じなんですか??」
「それ可愛いーー
などなど、声に出して交わされるものも楽しいし、声には出なくても
「むむ! あの色(かたち、やり方等々・・)イイかも!私もちょっと使ってみようかな~」
といったような心の交流?なんかもあるのかなあと傍で見ていて思うのです。
そして、もしかしてそんな風に他の方の感性を取り入れる事で、自分の感性の幅が広がるかも
しれませんね

アートが間にあるので、知らない方ともお話しやすいのではないでしょうか。
こんな風にちょっとした、あたたかい交流が生まれる、アートってやっぱり素敵

!IMG02260-20121118-1405.jpg


作っているとき無心になれた、とゲストの方には好評のプログラムでした。
ほんの一部だけ作品をご紹介します。

!201211IMG2344.jpg

!201211KIMG2336.jpg

☆ Life with Art ☆


天気予報では曇りのち雨となっていた今日、弟の結婚式でした。

11月11日11時開始、気温は低いながらも心配していたお天気はどうにか
もってくれて、一安心。

建物まるごとが式場になっていて、ところどころに新郎新婦の私物を交えて
飾り付けしている、アットホームな雰囲気。

!IMGP1715.jpg


そんな中、みなさんに祝福されて新しい人生の旅路に出る二人。
いつまでも仲良くお幸せにね

!IMGP1754.jpg

披露宴ではお決まりの二人の歴史、的な写真が流れたのだけど、不覚にもしてしまったのが、
幼稚園か小学生位の弟が猫たち(一代目と二代目 ちなみに今は三代目と四代目)と一緒に
実家のソファでポーズ?をとっている写真。
「猫と一緒に育ちました」というキャプションに泣かされたのかも。
一代目と二代目は私にとっても長い時間を一緒に過ごした猫たちで沢山思い出があるのでつい
そちらのほうに思いが飛んでしまった。。。

いやいや、しかし写真の中の弟くんが成長するにつれて「そんなことあったのね~」と思うような
ものが多くなっていて新鮮だった・・・こういう機会ででも、振り返ったりできるのは良いなあ。。

こんなふうにたくさんの思い出、そしてその時感じていた気持ちなんかも蘇らせてくれたりする、
写真ってやっぱり良いな。
人物でも風景でも、その場で味わうのはもちろん素敵だけれど写真に残しておくのもいいな、
と思ったのでした。

☆ Life with Art ☆

今年8月にお試し版のアートワークショップを開催させていただいた市民大学さんで
第2回目を開催!

今回は、来るべき冬に備えて動物が秋のあいだに様々なものを蓄えるように、
自分が冬に持ってゆきたい、秋に味わった気持ちをアートにしました。

テーブル1卓の少人数でじんわりと始まったワーク。
・・・とはいえ、秋に感じた気持ちは皆さん多種多様。
それを色や形にするとなると、できあがる作品はどれもユニーク。
ひとりひとりの物語が詰まっています。

実はそれって当たり前のこと。同じワークショップ、同じテーマ、同じ時間のなか、
同じ素材を使っていても、それぞれ感じる気持ちもその表現方法も違うって、
当たり前のこと、なのだけれど毎回新鮮にそのことを感じます。

アートでは、その”違い”(もちろん同じところも)が作品を通して伝わってくる。
言葉で言われるのではなく自分の体験としてそれを感じるので、伝わり方も受け取り方も
やさしいなあ・・・っていつも思うのです。

それにしても、上手下手、ということから離れると皆さんの個性が輝くこと

!IMGP1701.jpg
  ハサミを使っている間、無心だったそうです。夢中になれる時間て良いですよね☆

!IMGP1709.jpg
  写真だと判りづらいのですが右上がりの傾斜になっています。
  なんと「冬に向かって気持ちの盛り上がりを表してみた」とのこと。そのユニークさに脱帽です。

!IMGP1708.jpg
  秋は大好きな季節なのだそうです。そのワクワク感が伝わってくるよう♪

!IMGP1706.jpg
  色の重なりに秋の深まりを感じます。ちょうどお洋服もこういう色合い。
  気持ちと色がシンクロしていたのかもしれませんね。

・・・あっという間に時間が過ぎてゆきました。

前回はクレヨンでの描画がメインだったので、今回は切ったり貼ったりする工程を取り入れました。
そのココロは・・・ぜひコラージュの回(開催未定ですが 笑)にご参加ください♪

「写真のワークショップもやってみたい」
「暖かくなったら屋外でのワークショップもいいかも」

などとアイデアもいただいたのでそれも良いな~ なんて、妄想がどんどん広がる、私の秋です。。。


☆ Life with Art ☆

// ホーム //