FC2ブログ
~Our Wonderful life with Art and Art Therapy~   なにげない日々の生活にもっとアートを! ここでは自分自身をさらに輝かせるアートセラピー、オススメのアート、本、旅行、そしてちょっとしたイイネ!などをご紹介します☆
プロフィール

Life with Art

Author:Life with Art
Life with Art
日々の生活の中に、アートがある
そんな人生って素敵
2011年からアートセラピーをベースとしたアートワークショップを始め、約7年。

内閣府所管 一般財団法人 
生涯学習開発財団認定 
マスターアートワークセラピスト
として高齢者介護施設で
クラスを担当しています。

日々の生活の中でアートを通して自分らしさを輝かせること、自分と自分、自分と大切な誰かをつなぐ場を作りだす事が私のライフワーク。

アート×コミュニケーション、体験してみませんか☆

Master Artwork Therapist
Shikibu Nozawa
(lifewart(at)gmail.com)
お問い合わせの際は (at) を@ に変えて送信ください

※当ブログの画像・本文の無断転用、転載は固くお断りいたします。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード

QR

ここ数日で朝の空気に秋の気配を感じるようになりました。

心なしか、空も高くなってきたような・・・

私は空を眺めるのが好きです。

夕暮れ時のやさしく美しい色に出会うとこのまま時間が止まってくれたらいいのにと思うほどです。

1.jpg 2.jpg 3.jpg

どこか特別な場所に行かなくても、自分の日常の中でこんなに素敵だなあ・・・と思える風景に

出会える。

こんな身近なところでも心が動く時間を持つことができる。

毎月1回、高齢者介護施設でアートセラピーのクラスがあります。

今回担当させていただいたこのクラスは介護度が最も高く、なかなか外出がままならない方が

多くいらっしゃいます。

でも、お部屋の窓から朝日や昼間の眩しい光、夕暮れのやさしい色はごらんになっている、

かもしれない。

あるいは皆さまの心の中に広がるお空をアートで楽しみたい・・・

ここに至るまでかなり大変な思いをしましたが、最後は「うん、これだ!」と思える

プログラムが出来上がりました。

* * *

イメージを広げていただくために「とんぼのめがね」を歌ったあと

(セラピストは全員「とんぼのめがね」かけました 

机いっぱいに広げた紙に、お好きな色を重ねていただきます。

!IMG01374-20130824-1414.jpg

こうして出来上がった皆さまの心にひろがる空のいろの美しいこと。

今回初めてご参加くださいました101歳のH様、茜色の空にとんぼが2匹、楽しそうに飛び回っています。
なんとご自身で色もとんぼも載せてくださいました。
感性のきらめきに年齢は関係無いのです。
!IMG01390-20130824-1511.jpg


ふだんはお茶目で元気なK様、この1枚から物語が始まりそうです。
どこからか、妖精がのぞいていそうな感じがするのは私だけでしょうか。
!IMG01386-20130824-1508.jpg


出来上がったとき、満面の笑顔で「スイカ!」とおっしゃったS様、男性です。
よく見ると真ん中に赤とんぼが飛んでいます。
草原の中の夕暮れどきの赤とんぼ・・・S様の子どもの頃に見た光景、
だったのかもしれません。
!IMG01377-20130824-1459.jpg


こちらも男性のM様、お歌が大好きでみんなの人気者です。
ご自身では「ぼかぁ絵は苦手でね!」とおっしゃるのですがとんでもない!
木漏れ日のようなやさしい色が広がっています。
!IMG01382-20130824-1503.jpg

* * *

色はこちらでご用意した7色のみ、なのですが、お一人お一人、個性豊かな世界が広がります。

年齢も性別も、絵の上手やへたも全く関係なく、その人らしさが溢れ出しているアート。

ワークの最中、生き生きとした皆さんのエネルギーでセラピストは汗だくになるほど。

作品からその輝きを感じていただければ幸いです


☆ Life with Art ☆






スポンサーサイト



皆さま、アートセラピーのプログラムってどんなふうに作られるんだろう

・・・って思われたこと、ありませんか?

プログラム作りに決まった方法は無く、様々な事からヒントを得て作ります。

例えばシニアの方を対象としたプログラムはできるだけ季節感を感じられるような

もの、とかその時代に流行っていた歌や事象などをとっかかりとすることが多いです。

先の7月、今までサポートを担当していた2つのシニアの現場でファシリテーターと

して立つことになりました。

そこでプログラムを考える・・・という段階になって、ご指導いただいている先生から

「こんなものもあるよ~」と教えていただいた素材がコチラ↓

809165L1.jpg

これ、「スズランテープ」というのだそうです。

意外といろんな色があって、透明感があり、幅広のテープを重ねるとステンドグラス?!

というくらい、思いのほか美しい色合いが生まれます。

この透明感を活かしたいと思い、考えたのが「海」のワークでした。

テープの重なりを波に見立てて、テーブルいっぱいに海を広げてみよう。。

そしてお好きな色合いの部分を選んでそこを切り取り、私だけの「海」の作品を作る・・・

そんなプログラムが生まれました。

+++++++++++++++++++

テーブルにはきれいな水色のシートを広げ、そこから水辺の雰囲気を感じていただきます。

更に様々な海の写真を置いて、皆さまに海の思い出などお話いただきました。

「家族で遊びに行きました」
 (こういう時、ご自身が子どもの頃の思い出が多いのです・・・)

「あ、亀! 海で見たことあります(?!)」

「(南国の海の写真をご覧になりながら)この色はきれいね~ 行ってみたいわあ」 等々

!IMG01112-20130711-1346.jpg

そんな風に海に思いを馳せていただいた後、スズランテープの海をテーブル上に広げます
(この時、スタッフ総出で取り掛かっていたため写真が無く、、残念 ><)

いきなり現れた大量のテープに面食らわれる方多数、、

しかし、フレームをお配りして「お好きなところを切り取ってフレームに収めてゆきましょう」

というと俄然熱中される皆さま。

!!IMG01115-20130711-1426.jpg


こちらは施設の職員の方々がとても熱心に関わってくださるのですが、私たちスタッフも総出で

サポートに入ります。

そんな風にしてあっという間に時間が過ぎ、出来上がった作品を一つ一つご紹介してゆきます。

!IMG_1271.jpg !IMG_1273.jpg

皆さま、作品をご紹介するにあたって恥ずかしそうにしながらも、ご自身の作品について

たくさんお話してくださいます。

「ここは海、ここは空なんです」

「あえて青いテープだけを使ったんです。海ですから」

「この真ん中にあるのは餌です。お魚が群がっているの ^^」

「ちょっと派手になりすぎちゃったかしら~ 見て見て!私のどうですか??」 等々・・・

ご紹介が終わったあとも、実に堂々とご自身の作品と一緒にカメラに収まってくださいます。

いかがでしょう? フレームの中に収まっているのは冒頭でご紹介したスズランテープです。

透明のプラ板で挟んでいるので光が当たると透明感が更に増して本当に綺麗なのです☆

波の間をお魚が群れをなして泳いでいたりして、そこには楽しい世界が広がっています。

何よりも皆さまが作品作りを楽しんでくださって、その結果生まれた作品に愛着を感じて

くださっている・・・そのご様子に、準備等々で大変な思いをしたけれど、やってよかった

・・・としみじみ感じます。

!IMG01116-20130711-1430.jpg

!IMG01117-20130711-1430.jpg

+++++++++++++++++++

本当に頼もしい仲間達のサポートを得て、自分としてやりたいことは全部やったーー!という

充足感・・・もありましたが、エネルギー切れで抜け殻のようになりながらスタッフルーム

にて皆さまの作品を一つ一つ写真に収めていたところ、職員の方が

「今日のワーク、良かったね!」と笑顔で労ってくださいました

その時の嬉しさは忘れられません

・・・参加してくださった皆さまの笑顔、そしてこの場で感じる喜びを糧として、

次のプログラム作りへと続いてゆくのです。。。


☆ Life with Art ☆






// ホーム //