FC2ブログ
~Our Wonderful life with Art and Art Therapy~   なにげない日々の生活にもっとアートを! ここでは自分自身をさらに輝かせるアートセラピー、オススメのアート、本、旅行、そしてちょっとしたイイネ!などをご紹介します☆
プロフィール

Life with Art

Author:Life with Art
Life with Art
日々の生活の中に、アートがある
そんな人生って素敵
2011年からアートセラピーをベースとしたアートワークショップを始め、約7年。

内閣府所管 一般財団法人 
生涯学習開発財団認定 
マスターアートワークセラピスト
として高齢者介護施設で
クラスを担当しています。

日々の生活の中でアートを通して自分らしさを輝かせること、自分と自分、自分と大切な誰かをつなぐ場を作りだす事が私のライフワーク。

アート×コミュニケーション、体験してみませんか☆

Master Artwork Therapist
Shikibu Nozawa
(lifewart(at)gmail.com)
お問い合わせの際は (at) を@ に変えて送信ください

※当ブログの画像・本文の無断転用、転載は固くお断りいたします。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード

QR

2013年もあと数日、巷ではほとんどのお勤めの方は仕事納めだったのではないでしょうか。

そんな今日、今年の2月27日から毎朝A4サイズの画用紙一枚に「今朝のわたし」と称して

絵を描き続けSNS(Facebook)にアップして、ちょうど10ヶ月、299枚になりました。

 ※7月からは公開ページ「今朝のわたし」も作りこちらもホボ同タイミングで
更新しています。
  

どうして描くようになったか・・については後述しますが、10ヶ月間続けてきて思うこと。

毎日描くことで自分の中の何かが循環してゆくような感覚(入る→ぐるりと巡る→出る、

のような)があると言うことです。

普段私たちはたった一日の中だけでも様々な事を想い、いくつもの感情を味わっている

のではないでしょうか。

その気持ちや想い、はどこに行くのでしょう。

どこにも出せず、ただ自分の中に留まってしまっているとしたら・・・

そう考えると「描く(”表現する”と言っても良いかもしれません)」ことは

自分の中に溜まっている想い、気持ちをそれと言わずに(※ここけっこう大事

かもしれません)外に出してゆく、一つの手段ではないかと思うのです。

描くといっても最近はもっぱら利き手と逆の手で描いていますし、おそらくご覧

くださった皆様全員が「・・・このくらいなら私にも描ける。。。」と心の中で

つぶやかれるレベルです(笑)

ちなみに2月27日から12月27日まで、1ヶ月間隔で描いた絵を並べるとこんな感じです。

b20130227.jpg b20130327.jpg
b20130427.jpg b20130527.jpg b20130627.jpg b20130727.jpg b20130827.jpg b20130927.jpg b20131027.jpeg b20131127.jpg b20131227.jpg

いかがでしょう。これなら私にもできそう、と思われた方、たくさんいらしたのでは

ないでしょうか^^

そもそも慌ただしい朝の時間ですからゆっくり考えて描くヒマはありません。

予め広げてあるクレヨンからぱっと目に付いた色、気になる色を中心に

手が動きたいように描いています。最近は利き手と反対の手を使うので

余計にかっちりした形等は描きづらいです。

結果、形があるものもあればなんだか訳のわからない絵もあります。

描いたものにに意味を見出したい時もあれば、そのまま、理由をつけず、

そっとしておきたい時もあります。

大事にしているのは上手に描くということではなく直感を掴むということ。

その時感じていることに素直になってみるということ。

朝起きてさわやかな青空を目にして清々しい気持ち、もあれば、朝からもやもや

どんよりした気持ちのこともあります(人間だもの!)

そんな気持ちを色で、線で、あるいは形で表したらどんなふう?

それだけです。

ぐるぐる~とかガチャガチャ、塗りつぶし、点々・・・等々シンプルな色、形を

描くだけで充分リフレッシュになります。

またもやもやしている時にはその気持ちのまま色や線、形を描く事でスッキリ

整理されてゆくことも。

思うこと、感じたことずうーーーーっと溜めていてどこかで一気に爆発!する

方法もありますが、毎日とは言わないまでもこんなふうにささっと描くだけでも

小出しにガス抜き(笑)になりますし、なかなか気持ち良いものですよ~

もちろん、人によっては絵を描くよりも文を書く事が好き、あるいは親しみが

ある方もいるでしょう。

ダンスやスポーツのように体を動かすことでリフレッシュしたり自己表現する方

もいるでしょう。

それぞれ自分に合った、”表現”があるのだと感じます。

(私は大学時代絵画専攻でしたので自分にとって”描く”ことに抵抗は無い・・・
 
 むしろ好き。皆さまの”好き”・・って何でしょうね?)

毎朝の私のつたない絵を見て「なんだこれ?」と思って、ちょっと自分でも描き

たくなったり、絵ではないけれど写真でも文章でも、何か自分の中にあるものを

外に出したくなったり、

(それが今までの自分とチョット違う方法だったりしたら更に素敵かも?!)

そんな風に、自分の中を巡らせるきっかけ、になってくれると良いな。

毎日、絵を描いてアップしていると時々一方通行?のれんに腕押し?のような

気持ちに駆られることもありますが、こんな絵でも、もしかしてどなたかの

きっかけになるかもしれない・・・

その想いが、ここまでやってこれたチカラの一つなんだろうな、と思うのです。

---------------------------------

さて、そもそも「今朝のわたし」を始めたのは・・・

ソーシャルAnegoes TVというインターネット放送の中で、

「アートセラピーって何?」というご質問をいただき、

「クレヨンや粘土など画材に触るだけでも癒し効果があると言われています」

「絵の上手下手は関係無いんです」

「自分が好きだなあ~と思う色や線、形を描くだけでリフレッシュ、リラックス。

 さらに描いた絵から何かしら気づきをもらえることもあります。

 ちなみにアートセラピーでいう”アート”表現は描画だけではなく、立体作品や

 写真、ダンスなどアート全般、多岐にわたります。
 
(ちなみに・・・ご本人の作品をより深く味わっていただく、気づきを得ていただく、、、
 ために寄り添いサポートをするのがセラピストの役割です。
 絵の診断や判断、勝手な解釈、お告げ(笑)などは一切いたしません)」

等お話する中で、

「どんなものか判ってもらうためにも毎朝自分で描いてアップしてみたら?」

という有り難いそそのかし(笑)をいただき、

「確かに!自分自身が実験台?になったつもりでちょっとやってみよう♪」

とかるーい気持ちで始めたのでした。

皆さまの「イイネ」にもとても励まされています。続けるチカラの栄養分ですね。

皆さまに背中を押していただきホボ日更新で描いてはアップ、を続けて10ヶ月、

気づけばあと1枚で300枚。

まだまだ、挑戦?は続きます 

☆ Life with Art ☆






スポンサーサイト



いよいよ2013年もあと数日となりました。
皆様にとって今年はどんな年でしたか?

師走の字のごとく、普段よりも日々の流れが早く感じる中、毎月1回高齢者介護施設でのワークを開催しました。

今年最後を締めくくるワークのテーマは

「クリスマスツリー」

クリスマスツリーは常緑樹、冬の間も緑を保つため”強い生命力”の象徴だそうです。

今年一年そして来たる年も、皆さまがお元気で、健康でいらっしゃいますように・・・との想いを込めました。

開けてみれば、皆様お元気そう。おかげさまで満員御礼のクラスとなりました。

いつものテーブルの上に、ツリーの林が現れます。
そして地面には綿の雪。
どうでしょう?ちょっとワクワクしてきませんか?!

B_room3.jpg

そしてツリーを飾るトッピング。

柔らかくあたたかな色やまあるい形、それは見るだけでも心が和むものですよね。

さらにその柔らかさや滑らかさ、ほわほわしている感じを直に触ることでご自身の中に湧き出てくる何かを感じていただく・・・

結果として作品になれば良し、もしならなかったとしてもその方が味わった何かはきっと素敵なもの。

皆様がこれからの一年、体もココロもあたたかな気持ちで過ごせますように、という思いを込めた毛糸玉や羊毛のトッピングを綿の雪の中にしのばせました。

-------

私たちはチームでこの現場を担当しています。

半年毎で期が変わるので10月から私を含めて6名の新しいチーム。

施設の中でも最も介護度が高いということで初めてこの現場に入る仲間は最初戸惑いを覚えることが多いようです。
(私も最初の頃はそうでした~ 

例えば、

こちらがお声がけしてもすぐには反応が返ってこない、あるいは無い

クラスにいらしても目を閉じていらっしゃる事が多い

何かお話してくださるけれど聞き取りが難しい、等々・・・

しかし、このような体験が逆に大切な事に気づかせてくれるのです。

こちらが問いかけしたことに対して無理に返事を求めない。お相手のペースを慮り”待って”みる。

  ・・・すると思いがけないようなタイミング、やり方で何らかの反応を返してくださったりします。

お休み中かなと思ってもその方が起きているかのように接する

  ・・・すると目を開けてくださる、お話してくださる、歌を歌い始めてくださる!こともあります。
  例えば目は瞑っていたい、けれど頭は起きているということ、私たちでもありますよね?
  私たちがイメージする以上にシニアの皆様は(そして私たちも)外界の刺激を感じ取れているのかもしれません。

 お相手のお話内容が聞き取りづらくてもその方の目を見て、お話しようとしている気持ちを受け取っていますよ、ということを私たちから言葉や態度でお伝えする。

  ・・・するとお相手の方が穏やかな様子になられる、等々・・・。

この現場の皆様との関わりは普段の生活のペースと少々(大分?)異なることからサポート側があたふたしてしまうこともあります。

そんなこともありますが、何よりも大切にしているのは皆様が安心してその場にいてくださること、
その方らしさあふれるアートセラピーの時間をたくさん楽しんでいただく場を私たちが作る、ということ。

新しいチームになって3ヶ月、短いようですが本当に山あり谷ありで思い悩み苦しいこともありました。。

が、それでも一緒にやってきてくれた仲間(みんな、ありがとう!)一人ひとりが皆様とじんわり深く関わりあうことで毛糸玉や羊毛等がツリーに温かさをもたらしてくれるように、心の中にある灯がぽっと灯る・・・

そんな現場を今年最後に仲間と作り出せたことがしみじみ嬉しい・・・と今改めて思います。

当初勢いでただただシニアの現場がどういうものかを勉強する場、と思って入った現場で約2年9ヶ月。

毎回、皆様との関わりや仲間との出会いも含めてギフトのように何か大切なものをいただいている・・・と思わずに居られません。不思議なものです。

-------

”クリスマス”自体にあまりなじみがない方も、ツリーが強い生命力を表しているということ、そして毛糸玉、羊毛、綿のやさしい手触りから皆様何かを感じ取ってくださっていたようです。

いつも、渋いいぶし銀のようにユニークな作品をお作りくださるS様、今回は言葉少なくただ綿や羊毛に触れ、その感覚をいつまでも味わっていらっしゃいました。

最後に皆様お一人お一人に私達からのプレゼントとしてお渡しした、ツリーのトップに飾る星、いくつかある中でキラリと石が輝く存在感のあるものを選ばれました。

そうして出来上がった作品はとてもシンプルながら潔さや力強さを感じます。
B_Som様


ツリーのトップに飾る星はキリストの降誕を知らせたベツレヘムの星を表しているそうです。

「これは”希望の星”です」と皆様にお伝えしたところ、いつもお元気なM様「おっ、希望の星かあ、いいねえ。なんだか意欲が湧いてくるようだ!」とおっしゃいながら選んでくださった星はツリー本体のトッピングと絶妙なコーディネート。

そのM様の作品です。赤の毛糸玉を気に入ってくださって、まず一つ。全体的に毛糸玉や綿、羊毛を散りばめながら最後に赤をもう一つ。

そこが正面になるとのことで「ここから見るのが一番いいね!」とにこにこの笑顔でお話くださいました。

ツリーがご自身に向いているところだけではなくぐるりと回してトッピングをお付けになるなど、立体感覚が優れていらっしゃる一面を垣間見て嬉しくなりました。
B_Msr様


数ヶ月ぶりにご参加くださいました、101歳のB様。

お席に着かれてもお休みがち・・・なため、黄色がお好きなB様にとサポーターがツリーを黄色メインでお作りして「Bさんこんな感じでいかがですかー?」とお声がけしました。するとやおら目を開け「もっと!!」とおっしゃったとか。
目をつむってお休み中かな・・・と思っても部屋の雰囲気、もちろんこうした言葉も感じ取っていらっしゃるのですね。

私たちは普段”視覚”に頼りすぎているけれど、もしかしてそれ以外に受け取れるものが実はたくさんあるのかもということに気づかせてくださいます。
B_B様


いつもおちゃめなN様。青い毛糸玉を綿でくるんで大切そうにお持ちになられていたのでツリーに載せて差し上げました。
その後、ピンクの毛糸玉がいつの間にかツリーに。

一番最後、作品についてお伺いしたところ、「ホントはね、ここが一番好き」とピンクの毛糸玉を差されます。

青い方が一番お好きかなと思っていたのでちょっと驚きました。

でも、こんなふうにご本人しかわからないこと、沢山あるのだと思います。
(それはシニアの方だけに限りませんね 
B_Nzw様


こちらはいつもおすましさんのT様。初めてご参加の時は「早く帰らせてください!」とのキビシイ発言に私自身しょんぼりしたこともありました。

が、このところは「早く始めてください!」に(笑)

なかなかご自身の手で作る、のは難しいのですが意思表示ははっきりされていてモチーフ選びは明確です。

そんなT様、実はピンクがお好きということが判明。それも優しく柔らかいピンクです。

今回も「ピンクがいいです。」とのリクエストをいただきました。

クラスの終わり、T様はご自身の作品を優しく見つめうなずかれていたとのこと。

アートを介してその方が本来お持ちである優しさ、穏やさやあたたかさに触れたように感じて私も嬉しくなります。
B_Tysm様


今回感じた嬉しい気持ちを忘れずに、来年もまた引き続きあたたかい現場を仲間と作ってゆきたいと思います。

いつもブログをご覧くださっている皆様へ、感謝の気持ちを込めて。

ハッピーメリークリスマス 

☆ Life with Art ☆






・・・どんなものがありましたか?

子どもの頃、家族旅行で行った島で「石」をすごく好きに
なってしまったことがあります。

持ち帰ろうとして飛行機の手荷物検査でNGになってしまった・・・
(当然と言えば当然です ><)
のですが、奇跡的?!に貨物で送ってもらえることになり
羽田で再会。嬉しかったことを時おり思い出します。

子どもの頃ってこんなふうに、他の人にはなんで?と思われる
ようなものでも自分にとっては宝物、ってあったのではないでしょうか。

11月のアートセラピークラス@高齢者介護施設のプログラム、
テーマは『紅葉』

赤、黄、オレンジ、紫、茶色等々・・・
わあ~こんなキレイな色になるんだとワクワクしながらプログラム用に
葉っぱを一枚一枚拾うなかで、私が石を持って帰りたくなった、
その気持ちにつながってゆくのを感じます。

leaves.jpg

-----
そして当日。

顔ほどもある大きな葉っぱや美しい紅葉の写真で彩られた
テーブルを囲み、ウォーミングアップの一環として「紅葉」を
皆で歌います。
♪あ~きの夕日に照る山紅葉~♪という歌です。

2番まで歌い終えた・・・ところ、まだ歌声が聞こえてきます。
その声がするほうを見ると、なんと、クラスにいらしても
いつもお休みになられていることが多い、H様が大きな声で歌って
いらしたのです!

皆の歌声がH様の何かを刺激したのでしょうか。
目は瞑られたまま、でしたのでお休み中かな、と思っていましたが
周りの雰囲気は感じとってくださっているのですね。

あとから聞くと職員の方も「今まで見たことの無いHさんだった」と
驚いていらっしゃいました。

-----
歌でイメージを広げていただいた後、様々な葉っぱを袋に
包んで私たちからのプレゼントとしてお一人お一人にお渡しします。

皆さま、袋を振って「軽いな」「振ると音がする!」と中身に興味深々。
開けて見ると様々な葉っぱ。

「こうしてもらえると葉っぱでも何かとても大事なもの、という気がするね」

と言ってくださったのはみんなの人気者、M様。

M様の作品です。
「秋、まっさかり」だそうです。
改めて見ると一番上のイチョウから順番に黄色→濃い茶色と
グラデーションになっています
普段は「ぼかあ、こういうの苦手でね」とおっしゃるのですが
そういえばこの時はおっしゃいませんでしたね
AM様


また、別の階からこちらのクラスに初めてご参加くださった
I様。これまではベッドでお休みになる事も多かったそうです。
しかし今回は最初から終わりまでご参加くださいました。
素材選びもはっきりしていらして、同じような枝が2本あっても
「こちら」と手を伸ばされます。
また、色々な葉っぱをご覧頂く中で、良いなと思われるものは
パッと目が輝き「良いですね!」とおっしゃいます。

葉っぱや枝も微妙に浮かせたり重ねたり・・・ご本人いわく
「立体的なのが良いですね」とのこと。

作品が仕上がると、「(この作品は)やがて雪が降るだろう」とポツリ。

重なる紅葉の向こうにI様の物語が見えるような、そんな余韻の
ある作品になりました。

そんなI様の作品がこちらです。
I様


本当は皆様の作品を全部ご覧いただきたいですが、いくつかの作品をご紹介いたします。

一番に作品を仕上げて「かっ~こいいのができた!」とにっこにこで見せてくださったS様
Sk様

90歳のO様、モリモリ盛りだくさんの秋です。
聞くところによると、O様の盛りに対して職員さんが整えて下さろうと少し間引かれたのだそうです。
それにもマケズ?改めて盛っていたと言う・・・バイタリティを感じます。
O様

「僕は7人兄弟でね、だから7枚貼ったんだ。僕は上から2番目だったんだよ。」とおっしゃるK様
作品の中にK様はいらっしゃいますか?と伺うと、どれかを指そうとされましたが、えへへと笑って
「うん・・・まあ、大きいのがいいね」と照れていらっしゃいました。
K様


今回はご覧のようにシンプルに自然素材だけのワーク。

だからこそ、なのでしょうか。
お一人お一人の宝物に出逢う瞬間に立ち会わせていただいたような、
そんな時間となりました。


☆ Life with Art ☆






// ホーム //