~Our Wonderful life with Art and Art Therapy~   なにげない日々の生活にもっとアートを! ここでは自分自身をさらに輝かせるアートセラピー、オススメのアート、本、旅行、そしてちょっとしたイイネ!などをご紹介します☆
プロフィール

Life with Art

Author:Life with Art
Life with Art
日々の生活の中に、アートがある
そんな人生って素敵
2011年からアートセラピーをベースとしたアートワークショップを始め、約7年。

内閣府所管 一般財団法人 
生涯学習開発財団認定 
マスターアートワークセラピスト
として高齢者介護施設で
クラスを担当しています。

日々の生活の中でアートを通して自分らしさを輝かせること、自分と自分、自分と大切な誰かをつなぐ場を作りだす事が私のライフワーク。

アート×コミュニケーション、体験してみませんか☆

Master Artwork Therapist
Shikibu Nozawa
(lifewart(at)gmail.com)
お問い合わせの際は (at) を@ に変えて送信ください

※当ブログの画像・本文の無断転用、転載は固くお断りいたします。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード

QR

ぱぁっと光が広がってゆく世界 そこでは一人一人の個性が輝きつながり合っている

豊かに生い茂る緑濃い森に広がる草原、そしてあたたかさ

ゆったりした空気の流れ、色とりどりの花、ハート・・・

!IMG_7095.jpg

「ここ(机いっぱいに描いたアート)だけ、空気が違うよね。あったかかったり、風が吹いたり・・」

久しぶりに開催したワークショップでは、一人ひとりが大切にしている、
あたたかくて素敵な世界が広がるアートが生まれました。

今回は珍しくご参加が男性2名。

お一人はベストセラー作家の潮凪洋介先生、今回の開催場所、目黒クリエイターズハウスのオーナーさんです。
もう一人はこのクリエイターズハウスの中の人でTOKYO Sprout Design代表 堀内さん

お二人とも柔らか頭の持ち主。
机いっぱいに広がる紙を前に、いくつかモチーフを下描きしたり、エア描きしたりしながら
イメージをふくらませてゆきます。

!IMG_7091.jpg

ひとたび描き始めると「クレヨン良いね~ この感触や色がいいな」 とさらにイメージが広がるよう。

!IMG_7094.jpg

ひとしきり皆が描いた絵を眺めたあと、
潮凪先生の
「ちょっと部屋を暗くして瞑想みたいな感じにしてみてはどうだろう?」
というご提案に、間接照明のみで照らされる空間に早変わり。
!IMG_7097.jpg

やわらかな光で作品の印象も変わります。

この繭のような空間で自分やお互いの作品について話している中で

「・・・ちょっと今言葉が出てこないな。。。」

と言葉を詰まらせる場面もありました。

「涙が出てきそう」

とも。

ご自身で描かれたアートから、「頑張っている人を全力でサポートする!」というビジョン、そして
ビジョンを描くに至ったやんちゃな少年時代の体験など「なんか、話したくなっちゃうね。」とは
潮凪先生。

堀内さんは「頑張っている自分も好きだけれど、こういう自然豊かな世界、を求めている自分が
いることに気づいた。そして家族のことを想い、あたたかさも描きました。」と幼少時に過ごした
自然豊かなふるさとのことなどをお話してくださいました。

(お二人からご了解いただきコメントを載せています。)

普段、それぞれの分野でトップを走り続けるお二人。その世界の苛酷さは私の想像をはるかに
越えるものがあるのだろう・・・と思います。

その一方でアートは優劣が無い世界。 競争ではなく共創。
お互いの個性を優しく認め、関わりあえること、共に作り出せる世界があることを実体験を
通して教えてくれます。

自分から生まれたアート、皆で描いた世界を改めて見て、触れて、感じる、やさしい時間が流れていました。

普段、忙しく(心を亡くす、という字ですね)て日々感じているはずの自分の気持ちや心が
置いてけぼりになっていませんか?

時にはこんな風に自分の気持ちを色、線、カタチに変えて、静かに味わってみてあげるのも
よいかもしれません。

誰のためでもない、自分のために。

そうしてもし、自分の作品を前にして涙が湧きあがってきたら・・・・流れるままにしてあげましょう。
涙と一緒に、今のあなたからさよならするタイミングになった何か、が流れ出ているはずですから。

☆ Life with Art ☆










「子ども向けのこういうの(アート、ものづくり系イベント)ってよくあるでしょ?
 でも親も一緒に参加できるのって意外と無いんです。
 だからすごく嬉しかった。
 子どもと一緒に、っていうのが良いですね

先月、せたがやウキウキクラブさんが開催の「秋のウキウキ祭り」に、
アートワークショップブースのお声掛けをいただき参加してしました。
そこにお子さんとご参加くださったお母様の一言です。

テーマは「パステルアートで遊ぼう」。なのですが、裏?テーマとしては
ご家族でアートしていただきたいな、という思いがありました。

基本的に、このブースに遊びに来てくれるこどもさん向けに、
パステルアート体験をしていただく、というシンプルなプログラム。
付き添いでいらっしゃる親御さんにお声掛けし、お子さんと一緒に
お席に着いていただきます。
そして、お子さんが絵を自由に描きはじめるタイミングで、手持ち
無沙汰なお父様、お母様にお声掛け。
「一緒にやりませんか?」
すると、お子さんに負けず劣らずキラキラした目で「え、良いんですか?!」
と言いつつ、作品を描き始めてくださいます。

例えば、私が子どもの時、絵を描くのは大好きでした。
家じゅうの裏紙が無くなって、父のノートに描くほどいろいろ
描きたくて描きたくてしかたありませんでした。

当時描くことを止めたりされず、もっと描いていいよ、と紙をたくさん
もらえたことは自分にとって大切な体験だったとは思いますが
残念ながら父や母と ”一緒に” 描いた覚えは・・・ほとんど
ありません。。

対して、今回は父&子、母&子、父・母・子(&子)・・・等々
親子での参加が多い回でした。
【掲示していたポスターにも「親子>でわくわく、パステルアート」
って書いた成果かも

息子さんが黄色い色のみ(その後違う色も使っていました・・・)使っている
のを見たお父さんが
「○○、お前黄色好きなんだ~?」
と問いかけると、息子くん(推定小学校1、2年生)曰く
「うん、僕ね、○○○(おそらく特撮のヒーロー 黄色いユニフォーム)
 が好きなの。、○○○は強くてかっこよくて●●で△△で・・・・(たくさん
理由がありました)、で(ユニフォームが)黄色だから黄色が好き。」
という返事があって、お父さんは
「おお~~それ初めて聞いた、そんな理由があるんだぁ~(笑)」
と嬉しそう。
(お父様にとって新しい情報というだけではなく、黄色が好きな理由は
 なんとなくではなく息子さんにとって明確な意味がある色だったんだ、
 という驚きもあったのではないかと思います)

!IMG_6814.jpg

アートを介することで自然と笑顔が生まれたり、いつもの会話では
聞けないようなお話が聞けたりして親子の会話も充実しているようでした。

そうなんです。

アートを介すると、お子さんとの会話の内容がいつもの「勉強しなさい!」等では
なく「そういう色使うんだ~」「これは何?」「それ素敵ね~」「すごく面白いね!、
いいじゃない~」などとやわらかいものになるのが不思議。。。。
!IMG_6818.jpg

!IMG_6817.jpg

!IMG_6816.jpg

日常に埋没してなかなかできていないけれど本当は誰でもできること。
あるいはちょっと肩を押せばあとは自分(あるいはご家族内)で実施できること。

そんなアートの場がもう少し日常の中に、当たり前にとけこむ社会だったら
良いな、どうしたらそんな社会ができるのかな・・・と思った一日でした。

☆ Life with Art ☆











// HOME //