FC2ブログ
~Our Wonderful life with Art and Art Therapy~   なにげない日々の生活にもっとアートを! ここでは自分自身をさらに輝かせるアートセラピー、オススメのアート、本、旅行、そしてちょっとしたイイネ!などをご紹介します☆
プロフィール

Life with Art

Author:Life with Art
Life with Art
日々の生活の中に、アートがある
そんな人生って素敵
2011年からアートセラピーをベースとしたアートワークショップを始め、約7年。

内閣府所管 一般財団法人 
生涯学習開発財団認定 
マスターアートワークセラピスト
として高齢者介護施設で
クラスを担当しています。

日々の生活の中でアートを通して自分らしさを輝かせること、自分と自分、自分と大切な誰かをつなぐ場を作りだす事が私のライフワーク。

アート×コミュニケーション、体験してみませんか☆

Master Artwork Therapist
Shikibu Nozawa
(lifewart(at)gmail.com)
お問い合わせの際は (at) を@ に変えて送信ください

※当ブログの画像・本文の無断転用、転載は固くお断りいたします。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード

QR

先日、こちらの本を読みました。

表紙

医師のつくった「頭のよさ」テスト 認知特性から見た6つのパターン


以下Amazonより引用 +++++++++++++
<内容紹介>
学校でよい評価を得られる子どもと社会で大成する人の共通点は、
自分の「認知特性」を理解し、最大限に活用していることです。
自分を知り、認め、選択し、適応させる人こそが、「頭がいい人」なのです。
認知特性とは、目や耳などの感覚器から入った情報を理解・整理・記憶・表現する
「方法」で、六つのタイプに分かれます。
社会では、アイデアを生み出す「創造性」、整理整頓できる「逐行機能」、
仲間から好かれる「社会性」、仕事の締め切りを守る「時間感覚」などさまざまな能力が求められますが、
それらは認知特性を意識することで伸びるのです。
自分の得意な表現方法とは? 違うタイプの人とうまくつき合うには?
まずは、35問のテストからはじめましょう。

<目次>
第1章 人にはどうして得手不得手があるのか――感覚がすべての能力のベースとなる
第2章 なぜ、同じモノを見ても同じに理解しないのか――人には認知特性がある
第3章 人には本来どのような能力が備わっているのか――認知特性と能力には関係がある
第4章 どうしたら社会で自分を活かせるのか――認知特性に合った人生の選択方法
第5章 得意な能力は、どのようにしたら伸びるのか――2つ以上の得意な能力を獲得する

+++++++++++++

>認知特性とは、目や耳などの感覚器から入った情報を理解・整理・記・表現する「方法」で、六つのタイプに分かれます。

これまでアート系のワークショップを開催する中で、視覚優位な方、聴覚、触覚等視覚以外の感覚で物事をキャッチしたり表現するほうがやりやすい方がいるようだ、と常々思っていました。

それがこの本を読んでかなり納得。
自分が得意な表現方法を知り、それを社会の中で伸ばしてゆく、という考え方にも共感できます。

私自身は視覚優位の写真タイプだと思っていましたが、テストの結果、
三次元映像タイプでした??
また2番目に点数が高かった写真タイプと同じくらい言語映像タイプの
数値があり、この辺りを自分なりに意識して活かしてゆきたいなぁ・・と思いました。

テスト結果は少々疑問??が残るものの、自分の認知特性の偏りを
客観的に知ることができたのは良かった。

手元において時おり読み直したい本の一つになりました。

親⇔子でもタイプが異なるようです(認知特性は遺伝しない?)ので
お子さまがいらっしゃる方は一度ご自身とお子さんのタイプを調べて
みるのも良いかもしれません。

☆ Life with Art ☆






スポンサーサイト



行ってきました、若冲展!

生誕300年記念の展覧会ということで
国内外からこの展覧会のために作品が集結。
見聞きするあまりの混雑ぶりに一度はあきらめかけましたが
この絵が先週末までだと知りどうしても見たくなってGO!

『百犬図』 https://inumagazine.com/news/gw-jakuchu-dog
42dc87cb880105a420c8ca53306901b5.jpg
出展:https://jp.pinterest.com/pin/283234264034985078/

普段は断然猫派の私ですがなぜかこの絵に惹かれました。
いろんな表情やポーズが愛くるしい。
実は仏教思想等の背景があるそうですが(TV番組より)
ただ観るだけで思わず笑顔になる作品でした。
亡くなる一年前に描かれたとは思えない、躍動感や生の喜びを
感じます。

しかしこれは展示されている若冲の作品の中ではかなり異色。

彼の真髄は「動植綵絵」に代表されるようにまるで生きている
のではと見まごうほどの活き活き、鮮やかな動植物。
特に鳥類が得意だったのか、羽の一本一本、迷いのない線で
描かれています。
具象的でありながらも写生ではない、彼独自の世界が広がっています。

これから行かれる方はどうぞ存分にこの鮮やかでユニークな世界を
お楽しみくださいね。

そしてここからは「動植綵絵」に比べるとマイナー感がある、
けども私のおススメする作品をご紹介します。

『菜蟲譜』 

2Fに入ってすぐの場所に展示されている巻物風の作品です。

動植綵絵のある種緊張感を感じる作品とは異なり、肩の力が抜けた
感じのスケッチ風に描かれた四季折々の野菜たち。
そこから流れて様々な蟲達が軽妙な筆のタッチで描かれています。
・・・とホボ作品の終わりの部分でこれまでの作品を見据えるような
カエルが一匹 

・・・・・エ?君そのタッチは、表情は一体??

野菜とも蟲とも違う、異色の気配をまとい鎮座するカエルくん、
私のイチオシです(^_-)-☆

次は

『伏見人形図』

なんだか可愛らしい絵。
とにかくすごい作品が次から次へと並ぶ中でほっと一息つけるような
ゆるキャラ系?の作品です。(このモチーフで2作品あります)
よーーーーく見ると頭と胴体部分がキラキラ光っています。
このキラキラ具合は雲母かなぁ
いくつか例外はありますが今回の作品群、絵の具はそこまで厚塗り
されておらずどちらかというと線の流麗さが際立っている印象です。
その中にあってこのぽってり素朴なお人形さんの絵にほっこりなごみます。

華麗な作品群に圧倒され続けたらこの伏見人形図でほんわか一休み、
いかがでしょう。

ともあれ会場はものすごく混んでいて、人の頭を避けつつ作品の
全容を観るのに精いっぱい・・・

皆さまが行かれる時はご自身のペースで鑑賞できますように

※おススメ作品に関しては会場でご覧いただきたいので作品のリンクなどは貼っていません。あしからず・・・

☆ Life with Art ☆






// ホーム //