~Our Wonderful life with Art and Art Therapy~   なにげない日々の生活にもっとアートを! ここでは自分自身をさらに輝かせるアートセラピー、オススメのアート、本、旅行、そしてちょっとしたイイネ!などをご紹介します☆
プロフィール

Life with Art

Author:Life with Art
Life with Art
日々の生活の中に、アートがある
そんな人生って素敵
2011年からアートセラピーをベースとしたアートワークショップを始め、約5年。

内閣府所管 一般財団法人 
生涯学習開発財団認定 
マスターアートワークセラピスト
として高齢者介護施設で
クラスを担当しています。

日々の生活の中でアートを通して自分らしさを輝かせること、自分と自分、自分と大切な誰かをつなぐ場を作りだす事が私のライフワーク。

アート×コミュニケーション、体験してみませんか☆

Master Artwork Therapist
Shikibu Nozawa
(lifewart(at)gmail.com)
お問い合わせの際は (at) を@ に変えて送信ください

※当ブログの画像・本文の無断転用、転載は固くお断りいたします。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード

QR

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
すっかりご無沙汰しておりました!

ブログをご覧くださっている皆さま、いつもありがとうございます。
ご心配?をおかけして申し訳ありません。
なんと数年ぶりにインフルエンザにかかってしまったりしてすっかり
バタバタしておりました。。。皆さまも「自分は罹らないから」と油断
せず(私は油断した結果、罹ってしまいました><)ご自愛くださいませ。

インフル完治後、毎月開催している高齢者介護施設におけるアートセラピー
クラスを開催したのが1月も終わりになってしまいました。

今回は「墨で描く2015年」

すこし遅くなってしまいましたが、今年一番初めのアートセラピークラス、
ということもあり、机いっ-----ぱい(6メートル+α位の長さがあります)に広げた
紙に、筆を使い皆さま思い思いに、のびのびと墨の線を伸ばしていただきました。

墨はシニアの方になじみのある素材ですので、その力強い墨の色や線、筆の
感触、そして墨のにおい等々・・・が皆様の記憶を刺激するようです。

紙に墨、だと文字を書かれる方もいます。それもOKです。
(ご自身の名前を書く、ということは自分自身を認識している、ということが判る
 実は大切な表現の一つでもあります)

どう描いてよいかわからない、という方は、セラピストが自由な線などを描いてみて
それをまねて描いてみる、というところから始まる方もいれば、立春が近いという
ところからイメージを膨らませて(イメージをしていただけるってすごいこと!大切なことです)
お花の名前→お花のカタチ、を描かれる方も・・・

ひとしきり、墨を、筆を、腕の動きを楽しんで頂いた後はお好きな場所を切り取り
作品に仕上げてゆきました。 皆様の作品です。
!IMG_3260 (1)

 !IMG_3261 (1)

 !IMG_3258 (1)
----------------
この中でお気づきでしょうか。ちょっと異色の作品があります。
M様の作品です。
昨年、「帰らせてください」とおしゃっていたM様。
お声掛けしようと肩に手をおいたところ「触らないで!」と言われたことも
あります><
でも考えてみれば、良く知らない人に体を触られたくありませんよね、、、
また、以前「これは私の作品ではありません!」とおっしゃったこともありました。

しかし前回は作品の真ん中にご自身の名札を置かれています。これは私の作品です、
という主張の様に感じました。

その違いは何か? 
サポートしてもらって作ったか、ご自身で手を動かして作ったか、の違いでした。

実はM様はすごくよく観察をされている、ということに気づきました。
ウォーミングアップで体を動かす際、導入で歌を歌う際、何かにつけてM様の強い
視線を感じます。
その都度私は「M様、すごく手が伸びてますね~」などお声掛け。

「私もM様を見てますよ!」

ということを様々なサインでお伝えします。

作品も、できれば自分で作りたいけれど、サポーターにはあまり頼りたくない。
どうしたらよいかわからない時、他の方が作られているのを観察されています。

そこで私は早めに作られた方の作品をわざとM様に見えるように掲げて
「○○さんの作品でーす!こんな作品を作ってくださいましたーー」とご紹介。

すると、M様はそれをご覧になり、なるほどああやるのか、と納得されるのかあとは
ご自身で手を動かし始めます。

今回も、大きく腕を伸ばすというよりは墨のにじみ、色の強さを味わっていらして、
筆にたっぷり墨を取り、沼のように墨を広げて行かれていました。

最後、作品に仕上げるにあたりお好きなエリアを切り取りましょう、という時、サポーター
が順番に切り取ってゆくのですが待ちきれなかったのでしょうか。
なんとご自身で紙をちぎり始めました。

そのご自身でちぎった、というエネルギーこそが、M様の作品。
それがこちらです。

!201501当日M様-2


アートセラピーでできる作品はあくまでも結果、作品を作ること自体が目的ではありません。
大切にしているのは参加してくださる方が安心していられる場。安心していられた結果、
自分らしさを表現できる場。
なので作品に上手下手は一切関係ありませんし、できばえの綺麗さは求めていません。
見る方によっては「これは・・・何?」というものもあるかもしれません。
むしろそれがよいのです。
(綺麗に仕上げたい方が綺麗な作品をおつくりになることはもちろん問題ありません)

型にはまらない、M様の作品を拝見してM様がこの場に安心していらしてくださったの
ならば嬉しいな・・・
と思った私です。

☆ Life with Art ☆









関連記事
スポンサーサイト
<< アートカウンセリングを体験していただきました // ホーム // 日常から生まれるデザイン ~『活動のデザイン』@ 21_21 DESIGN SIGHT >>

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック URL
http://lifewart.blog.fc2.com/tb.php/125-f606b02f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
// ホーム //
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。