~Our Wonderful life with Art and Art Therapy~   なにげない日々の生活にもっとアートを! ここでは自分自身をさらに輝かせるアートセラピー、オススメのアート、本、旅行、そしてちょっとしたイイネ!などをご紹介します☆
プロフィール

Life with Art

Author:Life with Art
Life with Art
日々の生活の中に、アートがある
そんな人生って素敵
2011年からアートセラピーをベースとしたアートワークショップを始め、約7年。

内閣府所管 一般財団法人 
生涯学習開発財団認定 
マスターアートワークセラピスト
として高齢者介護施設で
クラスを担当しています。

日々の生活の中でアートを通して自分らしさを輝かせること、自分と自分、自分と大切な誰かをつなぐ場を作りだす事が私のライフワーク。

アート×コミュニケーション、体験してみませんか☆

Master Artwork Therapist
Shikibu Nozawa
(lifewart(at)gmail.com)
お問い合わせの際は (at) を@ に変えて送信ください

※当ブログの画像・本文の無断転用、転載は固くお断りいたします。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード

QR


DOROTHEA TANNING Painter, Sculptor and Writer

A Very Happy Picture
1947
Oil on canvas
DT.jpg


彼女のHPより引用--------------------------------------------------------------------------
Dorothea Tanning led a truly remarkable life, not because she lived so long
but because she lived so fully. As a young woman, she pursued her dreams
to become an artist, and now leaves behind a significant body of painting,
sculpture, and works on paper created over the course of six decades.
For 34 years, she shared a loving partnership with her husband, Max Ernst,
first in the United States and later in France. After his death in 1976,
she returned to New York and demonstrated that it is never to late to begin
a new chapter in life. In her mid-seventies, she became more productive
than ever in her studio, and in her mid-eighties launched a new and successful
career as a writer and poet. She worked until her last days, publishing
her second book of poems, Coming to That, in the fall of 2011.
----------------------------------------------------------------------------------------

小学生の頃、確か毎月1,2冊家に届く「世界の美術」的な冊子があり
(今でいうディアゴスティーニ的なもの?)私はいつもそれを楽しみに
していました。

その中で一番ワクワクしたのが「シュールレアリスム」の巻。

その時に知った好きな作家はたくさんいますが、Max Ernstの妻として、
そしてアーティストとして彼女が紹介されていたように思います。

作家のミューズとしてではなく(美しい人なのでその部分もあったとは
思いますが)、アーティストということと、シュールレアリスムの作品は
その世界観やストーリー性に惹かれるところが多いのですが彼女の作品に
はどこか少女(女性から見る少女)的な視線が感じられてとても印象に
残っていたのでした。

彼女の作品をじかに見たのはMoMA@NYだったかな・・・と思っていたけれど
もしかしたらPompidou Centre@Parisだったのかも。
昨年のシュールレアリスム展@新国立美術館で「A Very Happy Picture」
を観た時は本当に嬉しかった!


Eine Kleine Nachtmusik
1943
Oil on canvas
43_1_03EineKleineNachtmusik.jpg

今回の訃報を知り、彼女が101歳まで生きていたという事、そして今回改めて
彼女の作品を観て、実は私が知っている彼女の作品は前半のものであって、
中後期にかけて随分作風も変わっていった事に驚きました。

中期においては立体も含めてどこか肉感的ながらあたたかみというよりは不安を
掻き立てられるような作品、後期、晩年は軽やかさを感じるような作品を世に
送り出していたようです。

下記2点は彼女が87、88歳の時の作品。 
初期の作品に通じる繊細さ、とともに瑞々しさや(初期~中期の作品にはあまり
感じられなかった)穏やかさを感じます。とても素敵。
Flagrantis speculum veneris (Loveknot)
1997
Oil on canvas

DT2.jpg


Convolotus alchemelia (Quiet-willow window)
1998
Oil on canvas

DT3.jpg

RIP, Dorothea.

☆ Life with Art ☆

Related Entries
<< ”福を呼び春を迎える”アート // HOME // 選ばれし、美しい人 >>

Only the blog author may view the comment.
Trackbacks URL
http://lifewart.blog.fc2.com/tb.php/17-e9717e3a
Use trackback on this entry.
// HOME //