FC2ブログ
~Our Wonderful life with Art and Art Therapy~   なにげない日々の生活にもっとアートを! ここでは自分自身をさらに輝かせるアートセラピー、オススメのアート、本、旅行、そしてちょっとしたイイネ!などをご紹介します☆
プロフィール

Life with Art

Author:Life with Art
Life with Art
日々の生活の中に、アートがある
そんな人生って素敵
2011年からアートセラピーをベースとしたアートワークショップを始め、約7年。

内閣府所管 一般財団法人 
生涯学習開発財団認定 
マスターアートワークセラピスト
として高齢者介護施設で
クラスを担当しています。

日々の生活の中でアートを通して自分らしさを輝かせること、自分と自分、自分と大切な誰かをつなぐ場を作りだす事が私のライフワーク。

アート×コミュニケーション、体験してみませんか☆

Master Artwork Therapist
Shikibu Nozawa
(lifewart(at)gmail.com)
お問い合わせの際は (at) を@ に変えて送信ください

※当ブログの画像・本文の無断転用、転載は固くお断りいたします。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード

QR

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
夏目漱石の夢十夜 第六夜 にこんな一節があります。

「なに、あれは眉や鼻を鑿で作るんじゃない。あの通りの眉や鼻が木の中に埋うまっているのを、鑿と槌の力で掘り出すまでだ。まるで土の中から石を掘り出すようなものだからけっして間違うはずはない」と云った。
(青空文庫より抜粋 http://www.aozora.gr.jp/cards/000148/files/799_14972.html

運慶が護国寺の山門で仁王を刻んでいる、という話を聞きつけ、見に行ってみる、という場面から始まるお話です。

先日、『木々との対話』展@東京都美術館を観に行き、久しぶりにこの一節が頭に浮かびました。

まるで息をしているのではないかと思うようなやわらかさを持った木彫。
土屋仁応さんという彫刻家の作品です。
今回この方の作品初めて観ましたがまるで木から命が零れ落ちてきたかのような、
柔らかさを感じました。

!IMG_0964.jpg

!IMG_0963.jpg

少し大きい作品になると、
「こういう形として生まれ出たい」
という、運慶の仁王のような意思を感じます。

!IMG_0966.jpg

!IMG_0967.jpg

今回のテーマは「木々との対話」
作家が木と対峙して、戦うのではなく木々の声を聴き、呼吸を読み取り、
結果として木がなりたい形に生まれ出たかのような不思議な気持ちにとらわれました。

---

その対極にあるようなダイナミックな作品
こちらはエネルギーのうねりがそのまま作品になったよう。
部屋に納まりきらない木々の放つパワー、氣を感じます。

!IMG_0968.jpg

---
そして、壁や本の間などひっそりしたところに咲く花
なんと木彫りです。
触れることはできませんが、「本物よりも軽い」と美術館の方がおっしゃっていました。
本物のようだけど枯れることは無い。
ユーモアのようなアイロニーのような儚いけれど強さもある、不思議な作品達でした。
そしてとても美しい。
いろいろなところに隠れるように展示されているので見つける楽しさもあります。

!IMG_0980.jpg

---
撮影はNGだったのですが、船越桂さんの作品も展示されていました。
この方の作品、とても端正でストイックな美しさという印象がありましたが
今回は何というか・・・もっと生々しい。
綺麗だけではない生々しさと端正さの間で心がザワザワします。

少し大げさかもしれませんが木々、あるいは自然を前にしたとき、それを切り開くもの
として相対するのではなく、時に大胆に、時に繊細に寄り添い声を聴く、対話という
在り方に日本人としてのアイデンティティというか、自然と対峙した時の立ち位置の
ようなものを感じました。。

展示室の外や屋外にも作品があり、図らずも美術館探索のようにもなる今回の展覧会、
なんと明日(10/2)までのようです。

もしなんとなく気になっている方は足を運んで、作品との対話を楽しまれてみてはいかがでしょう

☆ Life with Art ☆







関連記事
スポンサーサイト
<< 秋のいろ、いろいろ // ホーム // アートセラピーを学んでみたいな・・・と思われている方へ >>

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック URL
http://lifewart.blog.fc2.com/tb.php/172-21cea91a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
// ホーム //
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。