~Our Wonderful life with Art and Art Therapy~   なにげない日々の生活にもっとアートを! ここでは自分自身をさらに輝かせるアートセラピー、オススメのアート、本、旅行、そしてちょっとしたイイネ!などをご紹介します☆
プロフィール

Life with Art

Author:Life with Art
Life with Art
日々の生活の中に、アートがある
そんな人生って素敵
2011年からアートセラピーをベースとしたアートワークショップを始め、約7年。

内閣府所管 一般財団法人 
生涯学習開発財団認定 
マスターアートワークセラピスト
として高齢者介護施設で
クラスを担当しています。

日々の生活の中でアートを通して自分らしさを輝かせること、自分と自分、自分と大切な誰かをつなぐ場を作りだす事が私のライフワーク。

アート×コミュニケーション、体験してみませんか☆

Master Artwork Therapist
Shikibu Nozawa
(lifewart(at)gmail.com)
お問い合わせの際は (at) を@ に変えて送信ください

※当ブログの画像・本文の無断転用、転載は固くお断りいたします。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード

QR

月に1回のシニア向けアートセラピーのクラス。

このブログで過去にも記事を書いていますが、私がサポートに入っているのは
施設の中でも最も介護度が高い方たちのクラスです。

クラスも月に1回なので、参加してくださる方も私たちのことを覚えてくださって
いるのか、いないのか・・・

最高齢は100歳を越える方もいるこのクラス、参加者の体調も毎回様々です。
そんな中でも、私たちは毎回新しい気持ちで皆さんにお会いし、貴重なそのお時間を
共有できることを大切にしています。

今回は近づいてくる秋の音を色や形にして、自分ならではの楽器を作る、という
ワークでした。
(この筒の中にいろいろなものが入っていて、振ると音がするのです)

IMG02133-20120908-1507_2.jpg


ウォーミングアップで「村祭り」を歌うと、いつもはじっとしているAさんも手拍子を
されていたり!
自然に体を動かしたくなってしまう、音楽の力ってすごいなあ・・・なんてAさんの姿を
みながらしみじみ思ったり・・

いつも「オレはアートが苦手なんだ」という男性のMさんも今回はそんなことは一言も
おっしゃらず、ご自身の好きな色で筒をデコレーション。発表が終わったあともお歌を
歌われるくらい上機嫌のご様子。
「いつのお歌ですか?」と伺うとなんと「うーん、小学校前かな」(!!)とのこと。

-----------------
そして、先ほどのAさん、こちらが申し上げることは理解されているし、ご自身の意思表示も
はっきりされています。しかしお体はそんなに自由がきかない・・・

今回Aさんと一緒に作品を作っていたのですが、例えば筒にデコレーションするリボンや布、
Aさんにご覧いただき、「こういうのはいかがでしょう?」とお聞きすると、嫌なものは
「嫌」とはっきりおっしゃいます。そして、まあいいかな、と思われるものは一瞥されると
静かに瞬きされる。
そのご様子を見て、これはAさん的にOKなんだな、と判ります。
場所も重要です。 良し、とされた素材を貼る時も、この辺?この辺?と場所を少しずつ
移動させてゆくと、先ほどのように瞬きやかすかに頷く瞬間があります。
それを注意深くキャッチして、作品を作り上げてゆきます。

このように、素材をご自身で持ったり貼ったりすることが難しくても、その方の好き、あるいは
嫌いをキャッチしながら一緒に作品を作り上げてゆきます。

そんな時私はいつも思うのです。

例えば自分が歳を取って、体の自由が効かなくなって、これまでのように好きな服を着たり、
好きな食べ物を食べたり、好きな音楽を聴いたり、歌ったり、好きな人に会いに行ったり・・・
できなくなったらどんな気持ちになるんだろうか、と。

そしてまた思います。

そんな中でも、日々の生活の中で、ごくささやかなことでも自分の好き、あるいはキライでも
表現できる機会があるとしたら、それは私にとってわずかかもしれないけれど、何かの支えに
なるんじゃないか、と。

私自身の意思で選ぶということ、今は当たり前のようにしているけれど、それが当たり前で
なくなる時も来るでしょう。それが当たり前でなくなった時に「好き」なものを選ぶ時間は
その人にとって大切なものなんじゃないか・・・

そんな思いで、シニアの方と一緒に作品を作る時間を楽しみ、味わっています。

毎回、作品の仕上げに落款シールを貼ります。
「どこに貼りましょうか」と伺うと、Aさんは、デコレーションを終えた筒の真ん中より上方を
見つめ、大きく頷かれました。

今回の作品も、Aさんの「好き」がいっぱい詰まったものでありますように。

IMG02130-20120908-1441_2.jpg


☆ Life with Art ☆








Related Entries
<< 行ってきました、深圳 // HOME // IAF ASIA 2012! Day2 >>

Only the blog author may view the comment.
Trackbacks URL
http://lifewart.blog.fc2.com/tb.php/39-0a8068aa
Use trackback on this entry.
// HOME //