~Our Wonderful life with Art and Art Therapy~   なにげない日々の生活にもっとアートを! ここでは自分自身をさらに輝かせるアートセラピー、オススメのアート、本、旅行、そしてちょっとしたイイネ!などをご紹介します☆
プロフィール

Life with Art

Author:Life with Art
Life with Art
日々の生活の中に、アートがある
そんな人生って素敵
2011年からアートセラピーをベースとしたアートワークショップを始め、約5年。

内閣府所管 一般財団法人 
生涯学習開発財団認定 
マスターアートワークセラピスト
として高齢者介護施設で
クラスを担当しています。

日々の生活の中でアートを通して自分らしさを輝かせること、自分と自分、自分と大切な誰かをつなぐ場を作りだす事が私のライフワーク。

アート×コミュニケーション、体験してみませんか☆

Master Artwork Therapist
Shikibu Nozawa
(lifewart(at)gmail.com)
お問い合わせの際は (at) を@ に変えて送信ください

※当ブログの画像・本文の無断転用、転載は固くお断りいたします。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード

QR

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
奇跡の脳


私を知っている方ならおわかりいただけると思いますが、私はスピリチュアル系とか霊感が

強い方、ではありません(むしろ無い。。。)

なのですが、

先日読んだ本「奇跡の脳」の中にこんな一節がありました。ちょっと長いですが引用します。

 ”・・・健康な人が、脳卒中を起こした人と話すのがとても不快なのはわかっています。
  ですが、お見舞いに来てくれた人々が前向きのエネルギーを見せてくれることが大切
  なのです。会話することはもちろんできませんが、訪ねてきてくれた人たちがちょっと
  のあいだ部屋に入ってきて、わたしの手をとって優しくゆっくりと、彼らがしていたこと、
  考えていたこと、そしてどんなにわたしの回復力を信じているかを伝えてくれると、
  とっても嬉しい。
   逆に、ものすごく心配なのよぉ、という負のエネルギーを発散しながら入ってくる人
  に対応するのは、とても辛い。与えてくれるエネルギーがどんな種類のものなのか、責任
  をもってください。まゆを優しく上げて心を開き、愛をもたらしてください。・・・”

この本は脳科学者である著者が自身の脳卒中から回復する過程で体験したこと、感じた事、

新たな気づきが書かれていて驚きと同時にたくさんのInsightを与えてくれます。

それらの中でも上記の一節が強く私の心に響きました。

私自身、普段の生活の中で、人と接している時、その人が話す言葉と言うよりは

その人が発するエネルギーを感じること、そちらに気を向けようとすることがあります。

言葉以外の何か、に私が気を向けようとするようになったのはなんでだろう・・・

あれこれ思いを巡らせたところ、実は以前からうっすらと感じてはいたのですが大きな

きっかけとなった事に思い当りました。

それは2年半前からアートセラピーのクラスのために月1回通っている、高齢者介護施設の

皆さまとの触れ合いです。

何回かこのブログにも記事を載せていますが、このクラスは施設の中でも最も介護度が高い

方が参加してくださいます。

その中には、おそらくこちらが発する言葉は理解してくださっているようなのですがご自身

が言葉を発する事が難しい方もいらっしゃいます。

それでも、その方の眼差しや差しのべて下さる手と手の触れ合い、発している雰囲気から

何か伝わるものを感じるのです。

逆にこちらが表面上は落ち着いているようにしていても、内面的にバタバタしていると、

なぜか入居の皆さまもざわざわしてきたり・・・

こんなふうに施設の皆さまと接することでその方から感じる、自分が発する、言葉以外の

"何か"に気づかせていただいていた、、ようです。

冒頭でご紹介した本によるとこのような感覚は右脳で感じているそうです。

この本では右脳と左脳のバランスの大切さを語っていますが、バランスを取るためにも

もっと右脳的感覚を磨いてもよいのかも・・・と思いました。

右脳的感覚ってどんなこと?と思われた方、それはエネルギーを感じる力だけではありません。

そこには驚くべき世界が広がっています。

詳しくは・・・ぜひ本を 


☆ Life with Art ☆



















関連記事
スポンサーサイト
<< 子どもの頃の宝物って・・・ // ホーム // わたし色に染まる秋 >>

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック URL
http://lifewart.blog.fc2.com/tb.php/74-06af032f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
// ホーム //
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。