~Our Wonderful life with Art and Art Therapy~   なにげない日々の生活にもっとアートを! ここでは自分自身をさらに輝かせるアートセラピー、オススメのアート、本、旅行、そしてちょっとしたイイネ!などをご紹介します☆
プロフィール

Life with Art

Author:Life with Art
Life with Art
日々の生活の中に、アートがある
そんな人生って素敵
2011年からアートセラピーをベースとしたアートワークショップを始め、約5年。

内閣府所管 一般財団法人 
生涯学習開発財団認定 
マスターアートワークセラピスト
として高齢者介護施設で
クラスを担当しています。

日々の生活の中でアートを通して自分らしさを輝かせること、自分と自分、自分と大切な誰かをつなぐ場を作りだす事が私のライフワーク。

アート×コミュニケーション、体験してみませんか☆

Master Artwork Therapist
Shikibu Nozawa
(lifewart(at)gmail.com)
お問い合わせの際は (at) を@ に変えて送信ください

※当ブログの画像・本文の無断転用、転載は固くお断りいたします。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード

QR

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
鬼は外、福は内 今日は節分ですね


先日行った高齢者介護施設での今年初めてのクラス。


・・・の前にまずは遡ること約3年前、私がこの現場にサポーターとして初めて参加したときのことです。

「こんにちはー」と顔は笑顔を浮かべていた(つもり・・・)でしたが、そもそも一度にこんな大勢の高齢者の方と接するのが初めての私は内心ドキドキ、ちゃんとできるだろうか、と不安もいっぱいでした。

そんな私がご挨拶したのはA様、当時ご夫婦でのご参加で、傍らには元気な旦那様がいらっしゃいます。

A様は初めて会う私をそれはそれは優しい眼差しで見つめ、手をギュッッと握ってくださいました。

そこに言葉はありません。

しかし、A様が握ってくださった手から、その優しい眼差しから、じんわり温かい気持ちが流れ込んでくるのを感じたのです。

言葉が無くても、伝わるもの、通じ合うものってあるんだ・・・

実はこの時ちょうど311(東日本大震災)の2週間後位で、私自身まだ動揺しており気持ちが定まらないまま日々過ごしていた時でもありました。

そんな中でA様から言葉はなかったけれど「大丈夫よ」と声をかけていただいたような、安心感を感じたことを思い出します。

この時の体験が私自身にとてもとても、大きな影響を与えてくれています。

+ + + + +

そして今年初めてのクラス、

今日は節分。調べるともともと節分とは各季節の始まりの日(立春・立夏・立秋・立冬)の前日のこと。「季節を分ける」ことをも意味していて立春(毎年2月4日ごろ)の前日が「節分」を指すようになったのは江戸時代以降だそうです(Wikipediaより引用)
季節の変わり目には邪気(鬼)が生じると考えられており、豆まきはそれを追い払うため、厄除けの意味があるそうです。

ということで今年一年、皆さまがますます健康で幸せな年となりますように、という想いを込めたワークを実施しました。

タイトルは、

「鬼は外、福は内! 2014年福を呼ぶアート」

「鬼は外、福は内」として実際に鬼が皆さまの間を練り歩き、「鬼は外」の掛け声で退散してもらい(厄払い)、次に福の神がやってきて、皆様に福を告げる御札を配って歩く、というウォーミングアップで皆さまのテンションがぐんとアップ!

その流れで用意した松竹梅やマンリョウといった植物、早咲きの桜、そしてトッピングとしてお出しした鶴亀、富士山、招き猫、七福神、だるま、等々からお好きなものを「ますます○○になる」という意味を持つ縁起物の「枡」に入れていただきました。

いつも明るくて皆の人気者のM様、ご自身で作られた作品に向かって「ありがたい感じがするね」と茶目っけたっぷりに手を合わせてくださいました。サポーターも一緒に手を合わせます。
そんなM様の作品、正面にはどーんと富士山、その他四方も様々な縁起物で飾られており、なんと枡の底にも招き猫が貼られています。
AM1様


そんな中、今回ご参加のM様
自らお話してくださることは無く、こちらが話しかけると視線を合わせて下さるなどわずかな反応を示してくださいます。

普段、キャッチボールのような双方向のコミュニケーションに慣れている私たちにとって、こちらが何かお話しても反応が無い、あるいは薄い・・・という状況に、最初は戸惑いを感じます。

「お話してもどこまで判っていただけているのだろうか」

「お返事難しいと頭では分かっていてもなんだかさみしい・・・」

「M様がお好きなものを選ばせていただけているか不安」

そんな想いがサポートする私たちの頭の中をぐるぐる渦巻いている状態・・・

とはいえ何とかM様の気持ちと繋がることができないかと一生懸命お声がけします。

が、不思議なことにそんな風に私たちサポーターの頭やココロの中と言葉が一致していないとき、M様は困ったような、戸惑ったような表情をされるのです。

逆に、先々月、M様はほぼ最後、皆さまの作品をご覧いただく段階からの参加だったのですが先月は最初からご参加くださいました。それが私にはとても嬉しくて「M様、今日は最初から一緒にご参加いただけて、とおっ~ても嬉しかったです」とお伝えすると、ぱあっとお花が咲いたような笑顔に。

今回もサポーターのFさんがM様との関わりの中で試行錯誤を重ねた末、「M様が感じていること、思っていらっしゃることを私は知りたいです」と彼女が心から思ったことを伝えたところ、M様の表情が変わり、すっと視線を合わせてくださったとのこと・・・

表面的な言葉だけではなく、私たちの気持ちや想いと言葉が一致した時、M様に届いている、ということではないか・・・

考えてみるとこのことはM様に限ったことでは無いですよね。

普段キャッチボールのコミュニケーションの気軽さの中でつい鈍ってしまっているかもしれない、けれど大切なこと、にこの現場で気づかせていただいています。

言葉を通して、また言葉以外で触れ合い、関わり合いながらサポーターとして、今はファシリテーターとして、この現場を皆さまが心から安心して楽しめる場を作る、という想いは約3年前の私の原体験から発していて、今もそれに変わりありません。

いつも「みんな可愛い~」と明るく賑やかなN様がクラスの最後に「ここにいるとラク・・・」と素の表情でお話くださっていたと聞き、ますますその想いを新たにした今年初の現場でした。


皆さまの作品をいくつかご紹介します

M様の作品です。 ご自身で手を動かされることが少ないため、サポーターがM様の目や表情のかすかな動きからトッピングや配置など探ってゆきます。簡単ではありませんが、言葉以外のつながりの奥深さを感じます。
MH様2


一度お席を離れてしまわれたH様。しばらくして部屋の隅に戻ってこられたのでタイミングを見計らい、再度お席へご案内。「美」のお札を引かれて笑顔を見せてくださいました。作品はサポーターの声がけで早咲きの桜がひと枝。
H様にとって、お花が咲くような、美しい一年になりますように。
HK様2

最後にご紹介したN様。「この子たちがね、とっても良い子なの」と正面に貼った2枚の招き猫
手がちょうど左右に分かれています。
NK様2


お一人お一人、ユニークで豊かな「今年一年の福を呼びこむ枡」が生まれました。
皆様がますます健康、ますます豊かでますます幸せな一年になりますように
!!IMG_0758.jpg


Life with Art
関連記事
スポンサーサイト
<< キモチをカタチに // ホーム // ほんの一歩 >>

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック URL
http://lifewart.blog.fc2.com/tb.php/83-2d2117c8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
// ホーム //
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。