~Our Wonderful life with Art and Art Therapy~   なにげない日々の生活にもっとアートを! ここでは自分自身をさらに輝かせるアートセラピー、オススメのアート、本、旅行、そしてちょっとしたイイネ!などをご紹介します☆
プロフィール

Life with Art

Author:Life with Art
Life with Art
日々の生活の中に、アートがある
そんな人生って素敵
2011年からアートセラピーをベースとしたアートワークショップを始め、約5年。

内閣府所管 一般財団法人 
生涯学習開発財団認定 
マスターアートワークセラピスト
として高齢者介護施設で
クラスを担当しています。

日々の生活の中でアートを通して自分らしさを輝かせること、自分と自分、自分と大切な誰かをつなぐ場を作りだす事が私のライフワーク。

アート×コミュニケーション、体験してみませんか☆

Master Artwork Therapist
Shikibu Nozawa
(lifewart(at)gmail.com)
お問い合わせの際は (at) を@ に変えて送信ください

※当ブログの画像・本文の無断転用、転載は固くお断りいたします。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード

QR

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
私が長年の夢だったアートセラピーの勉強を始めたのは2009年の秋でした。

それから4年半、改めて振り返ると長かったような短かったような・・・

おかげさまで今は高齢者介護施設、デイケアホームにて定期的なアートセラピーの

クラスを担当させていただき、自分の夢を少しづつ叶えているな、と嬉しくなります。

そしてこれからはアート・アートセラピーを通して地域の方々のつながりを作ったり、

病院等で入院されている方、またそのご家族向けに絆や癒し、あるいは生きる力を

取り戻すためのプログラムなども提供してゆきたいな、と新たな夢を描いています。

そんな中、私が通っていたスクールで年に一度開催のアートセラピスト有資格者を

対象にセラピストとしての研鑽、また仲間同士の交流を目的としたブラッシュアップ

セミナーに参加しました。

2日間かけて講演やワークショップなどあったのですが、その中で2つご紹介します。

----------------------------

1つ目は「イメージ描画法」ワークショップ

「イメージ描画法」とは相談者(クライアント)に対して、その相談者自身の

心の働きを活用し、その悩みが解決に向うよう、セラピストがアートとイメージの

力を用いて支援を行う「心理描画法」です。

これは私が以前スクールのチューターをしている時にも習っていたのですが

今回はセラピストのスキル研鑽(まさにブラッシュアップ!)として講習を受けました。

1回60分~90分のカウンセリングでひとつの悩みに焦点を当て、その悩み

解消のヒントに辿りつく、という手法ですが、これがまさに目からウロコ。

こんな落書きのような絵から思いがけないメッセージが降りて?きます。

201403161.jpg

(メッセージを導き出すのはクライアント本人、セラピストはあくまでもガイド、

 サポート役です。)

昨年、私がメインに開催していたワークショップ形式はワイワイ楽しく、

また参加者間のフィードバックにより新たな気づきや視点が得られるところが

特徴でその良さを感じていました。

が、一方で「皆さまが作ったアートから、もっともっと、メッセージや悩み解決

のヒントを引き出せるのになあ・・・」というもどかしいような気持ちも膨らんで

いました。

そういう場合はやはりグループセッションよりはまずは個人セッションの方が

より安心・安全の場になるだろうと思うのですが、ワークショップの場では

なかなか実現できないでいました。。。

今年はもっとパーソナルでプライベートなセッションも行ってゆきたいと

思っているこのタイミングでこのワークショップ、とても勉強になりました。

プライベートなアートセラピーセッション、ちょっと興味がある?!との方は

どうぞお気軽にご連絡ください

ご希望の方には体験セッションの場を設けさせていただきます☆彡

----------------------------

2つ目は、スクールの校長先生が20年?!前にお世話になったという、

安彦講平先生のお話

IMG_10271.jpg

安彦先生はなんと46年も精神病院で患者さんのための造形教室を主宰されて

いらっしゃいます。

ほぼ半世紀!

最初は東京 足立病院から、そして今もなお複数の病院を掛け持ちされて患者さんに

アートを通して自分を癒し、生きる力を教えてくださっています。

教えるというのはちょっと違うかもしれません、先生がその場にいらっしゃる

ことでその場に集う皆さんが自分らしさを取り戻してゆくような、安心・安全の

場を作り出されているんだな、とお話や映像を見ながら感じました。

先生ご自身は「自分自身が小さい頃から何か一人でモノづくりすることが好きだった、

その気持ちがあるからこうして続けてきているのではないか。」と謙虚におっしゃいます。

教室に通われる皆様と日々向き合うなかでは時には声を荒げることもあるんですよ、などと

おっしゃいましたが、それも皆様への深い愛情があるからこそ。

当時の精神病院ではありえない、病院外での写生教室や患者さんとの旅行?!など、

今伺っても驚くような関わりをされています。

教室に通われる皆様にも先生の真摯な想いが伝わっていて、お互いに深い信頼の絆で結ばれて

いるのではないかな・・・と思います。

先生の活動の軌跡、想いはこちらの8p~ 記事になっています↓

http://tokyoadachi-med.jp/about/pdf/innai_10.pdf

上記より一部抜粋、足立病院で教室を開くきっかけとなった創立院長先生との

面談で安彦先生がおっしゃった言葉です。

”・・・心を病むことはただネガティブな、マイナスな極面としてだけではなく、

人間の生命の深遠、無限の可能性、そして、その時代、社会の光と影を体現している、

と言えるのではないか。心に病いをかかえている人たちと直に触れあい、生の声を聞

きたい、と伝えた。”

まさにこの想いで約半世紀もの間、活動を続けてこられた先生のお話を伺い、

私自身の志、

「アートを通して自分らしさを見つけ、輝き、

 自分と自分、自分と周りの人がつながってゆく場を作る」

の想いを改めて胸に刻みました。

----------------------------

セミナーではこのようなセラピストに向けての研鑽の他に、様々な場で活動している

セラピストの報告の時間もあります。

今年、光栄なことに、活動報告発表の機会をいただき、このブログで何回もご紹介

している高齢者介護施設での活動とその中で私が感じていることなどお話させていただき

ました。発表に関してはいろいろ反省点はありますが、当日、同じ現場の仲間にサポート

してもらい、想いのいくばくかは伝わった、、かな。。。

初めてお会いしたアートセラピストの大先輩からその方ご自身の体験、そしてその時

感じたことなどシェアいただいたり、その時伝えきれなかったからと以前一緒にサポート

していた仲間が後からメールで気持ちをシェアしてくれたり、、楽しかった、泣いた、など

率直な感想をくれたり等々・・・仲間からのフィードバック、とても嬉しかった


☆ Life with Art ☆






関連記事
スポンサーサイト
<< 老人ホーム、高齢者介護施設、デイケア施設、等々・・・でのアートセラピーって何が良いの? // ホーム // アート朝活、始めました&来週23日朝、第2回目開催します☆彡 >>

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック URL
http://lifewart.blog.fc2.com/tb.php/88-6ee2b6c8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
// ホーム //
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。