~Our Wonderful life with Art and Art Therapy~   なにげない日々の生活にもっとアートを! ここでは自分自身をさらに輝かせるアートセラピー、オススメのアート、本、旅行、そしてちょっとしたイイネ!などをご紹介します☆
プロフィール

Life with Art

Author:Life with Art
Life with Art
日々の生活の中に、アートがある
そんな人生って素敵
2011年からアートセラピーをベースとしたアートワークショップを始め、約5年。

内閣府所管 一般財団法人 
生涯学習開発財団認定 
マスターアートワークセラピスト
として高齢者介護施設で
クラスを担当しています。

日々の生活の中でアートを通して自分らしさを輝かせること、自分と自分、自分と大切な誰かをつなぐ場を作りだす事が私のライフワーク。

アート×コミュニケーション、体験してみませんか☆

Master Artwork Therapist
Shikibu Nozawa
(lifewart(at)gmail.com)
お問い合わせの際は (at) を@ に変えて送信ください

※当ブログの画像・本文の無断転用、転載は固くお断りいたします。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード

QR

本日が最終日の『イメージの力』展@国立新美術館を観て。

0122.jpg
ミュージアム・カフェさんHPより画像をお借りしました

その1:仮面
その2:悪魔

に続いて、”民族” について

同展覧会は一つ大きな特徴があります。HPにもこのように記載されています↓

”・・・同博物館と国立新美術館との共同企画である本展覧会は、イメージを地域や時代ごとに分類するのではなく、共通した造形性や効果、機能に着目して提示します。”

と言う訳で、相似性を感じる展示物でも地域、時代が全く異なる、ということがあります。

その一つがイヌイットとアイヌでした。

ぱっと見、アレ?と思い、行きつ戻りつしてよくよく眺めると違いが明らかになるのですが、
直感と言うかぱっと見の印象に通じるものを感じたのです。

この時、思い出したのが、『楽園』という小説。
(あの「リング」「らせん」の作者 鈴木光司氏のデビュー作にして
日本ファンタジーノベル大賞優秀賞受賞作です)

時空を超えた壮大なスケールの物語です。

ここではなぜ人がユーラシア大陸から流氷伝いにアメリカ大陸に渡ったか。

また南アジアから広大な太平洋に乗り出しアメリカ大陸を目指したか。

一つのテーマで複数の物語がオムニバスのように語られています。

実際に、人類は、アフリカで産まれてから何千、何百万年をかけて人智を超えた

大自然に対して無謀とも思える大胆さで広大な大地や海を渡ってきました。

安住の地を離れて先に何があるか判らない(何も無いかもしれない)場所を目指

して、冒険に乗り出した私たち人類の祖先の、そのモチベーション、動機、目的は

なんだったのか・・・

先の物語には一つの答えが示されています。(そしてとてもロマンチック

イヌイットの造形とアイヌの織物で私が直感的に「似ている」と感じた瞬間、そこに

民族的な類似性があるのかはわかりませんが私の頭の中では壮大な冒険物語

が駆け巡ったのでした。

見ごたえのあるこの展覧会も今日が最終日、もう1回位観たかったな、、、

☆ Life with Art ☆







関連記事
スポンサーサイト
<< ”パス” でつながる想い // ホーム // 仮面、悪魔、民族 ~『イメージの力』展より~ その2 >>

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック URL
http://lifewart.blog.fc2.com/tb.php/96-00b15de6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
// ホーム //