~Our Wonderful life with Art and Art Therapy~   なにげない日々の生活にもっとアートを! ここでは自分自身をさらに輝かせるアートセラピー、オススメのアート、本、旅行、そしてちょっとしたイイネ!などをご紹介します☆
プロフィール

Life with Art

Author:Life with Art
Life with Art
日々の生活の中に、アートがある
そんな人生って素敵
2011年からアートセラピーをベースとしたアートワークショップを始め、約7年。

内閣府所管 一般財団法人 
生涯学習開発財団認定 
マスターアートワークセラピスト
として高齢者介護施設で
クラスを担当しています。

日々の生活の中でアートを通して自分らしさを輝かせること、自分と自分、自分と大切な誰かをつなぐ場を作りだす事が私のライフワーク。

アート×コミュニケーション、体験してみませんか☆

Master Artwork Therapist
Shikibu Nozawa
(lifewart(at)gmail.com)
お問い合わせの際は (at) を@ に変えて送信ください

※当ブログの画像・本文の無断転用、転載は固くお断りいたします。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード

QR

その1から続きます。

先日開催したアートセラピークラス、

次にご紹介するのは今回初めてのご参加のT様。

ラブレターがテーマですとお伝えすると

「えーーー ラブレター?!?!書けるかしら~~」

とおっしゃっていましたが、私たちからのちょっとした仕掛けで

お便りをもらう嬉しさを体験していただくと、どなたにお渡ししたいかが

ご自身の中ではっきりされたよう。

そのお相手は、お亡くなりになられた旦那様。

なんと出会いは小学生の頃だったのだそう。

本当に仲良しのご夫婦だったご様子をお話しからうかがい知る

ことができました。

「夫との想い出は良いものしかないんです」

とはご本人談。 なんて素敵なんでしょう、、、羨ましい・・・憧れの夫婦像です。

そして、まずは下書から、と書かれたラブレター。

書き終えると、これで良いと納得されたご様子。

愛溢れる、そしてちょっぴり切ない、天国のだんな様へのお手紙。

まさにT様にしか書けない、世界でたった一つのラブレターでした。

!!IMG_8237.jpg


---
ところでアートセラピーの時間、素材の力が引き出してくれるものは大きい一方で

事前準備や考えて構成されたプログラム、当日のセラピストの関わりがとても大切です。

皆さまの自然な笑顔や個性あふれる表現はこの裏方があってこそのもの。

とはいえ、どれもとても地道で地味なものでなかなかブログの記事にしづらいのが

悩みどころです。


☆ Life with Art ☆








Topic:人生を豊かに生きる - Genre:Mental/Health

昨年からサポートでお伺いしていた高齢者介護施設、
今月はファシリテーターをさせて頂きました。

2月のテーマは節分が多いのですが、こちらはご参加15人弱のうち
海外生活をされていた方が複数いらっしゃることもあり、
バレンタインデーにちなんで
「想いを伝えるラブレター」というテーマにしました。

アートだけでなく”言葉”も使うアートワークは少し挑戦でもありましたが
結果とても素敵な時間になりましたので皆さまの作品を3回にわたりご紹介してまいります。

--------
一番最初にお席についてくださったS様。
セラピストが今回のテーマが「想いを伝えるラブレター」ですとお伝えして、まずはS様の
お手紙の想い出などについてお伺いすると、テーブルの上に飾っていたエアメールの封筒を
ご覧になり「昔エアメールを書きました」というお話から海外にお住まいだったことなどを
お話してくださいました。

そして、本日のテーマ、想いを伝えるラブレター。S様はおもむろに台紙をお選びになり、
クレヨンを手に取り、そのまましばらくお考えでいらっしゃいました。

「いざ書こうとすると、難しいものねえ・・・」

とおっしゃいながらも、書き始めたことば。
20180203S様


「しあわせは
 
 みんなのために

 ふってくる」

その横の枝垂桜も手描きです。

「家族のことを想って書きました」とS様。

!IMG_7976.jpg


ワークの後、たまたまご家族がお見えになり、作品をじっとご覧になられていました。

S様がお話してくださったこと(エアメール、海外での生活等)やこのお手紙はご家族宛と

おっしゃっていたことをお伝えすると

「(ご本人にとって)とても良い時間だったのだと思います。」

とおっしゃってくださいました。

お手紙の、心の中から湧き出てきた言葉と絵からS様の優しさ、あたたかなお人柄を垣間見させて

いただいたようでS様をぐっと近しく感じたひとときでもありました。

☆ Life with Art ☆






新年あけましておめでとうございます

本年もどうぞよろしくお願いいたします


IMG_7534-1.jpg

昨年はいろいろ変化がありすっかりブログがご無沙汰になってしまいました。

楽しみにしてくださっていた皆さま、申し訳ございません

昨年に続き今年はもっといろいろ変わってゆく年になりそうです。

その変化を楽しんで行ければと思っています。

シニアの方を対象としたアートセラピーのクラスにも変化がありましたが

引き続き担当していますので少しづつまたご紹介して参りますね。

1ヶ月に1回でも、介護度が高くても、アートを介した自分ならではの表現で

その方が輝く時間があります。

例えば皆さまが数十年先にそんな時間を持てるといいな・・・

あるいは、皆さまの大切なご家族にアートセラピーの時間を体験させてあげたい・・・

そんな風に感じていただけるよう、ブログを続けてまいります。

シニアに限らず、アートは地域の皆さまをつなぐきっかけにもなりますよ

それでは皆さま、本年もどうぞよろしくお願いいたします。

皆さまにとって、自分らしさが輝く最高の一年となりますように。

☆ Life with Art ☆









先日、せたがやウキウキクラブさんの秋のイベント「秋のうきうき祭り」に

パステルアートで参加させていただきました。

こちらは2014年からイベント毎に参加させていただいており、早3年。

最初の頃、赤ちゃんだったお子さんが今回しっかりご自身でアートされていて

子どもにとっての3年間ってすごい勢いで成長している時期なんだなあと

心の中で一人感動していました。

最初の頃はお子さんだけ席について、お父さん、お母さんは

「私は見ているのだけで良いです~」と遠慮される方が多かったのですが、

ここしばらくは親子参加率がぐんと増えて来て嬉しい限りです。

それぞれ自分のペースでアート。

!IMG_7012.jpg

!IMG_7013.jpg

!IMG_7019.jpg

作りながら思わず立ち上がってしまう子、結構多いんです。
それだけ夢中になっているのかな、可愛い!

!IMG_7009.jpg

母も娘もそれぞれ自分の作品に集中。
そんな時間が日常の中にあっても良いのかな、と思いました。

!IMG_7014.jpg

今回初めて参加してくれた兄妹。
2人とも、当たり前ですが作風が全然違う。
その違いがまた何とも素敵です。

!IMG_7016.jpg

!IMG_7017.jpg



最初の頃は姉妹2人の参加から始まり、今回ご家族全員で参加してくださったファミリー。
すっごく可愛い姉妹ですがこちらも作風は全く違っていました。
最初の頃赤ちゃんだった一番下の子が今回自分で絵も描いていてビックリ!

親・子あるいは兄弟姉妹、お友達同士、もちろん一人でも、それぞれ
自分のアートに集中する、向き合う時間

そして、それぞれのアートをサポートしたり感想を伝え合う交流の時間

それらすべて、このパステルアートのワークショップで大事にしている時間です。

☆ Life with Art ☆









すっかり久しぶりのブログになってしまいました。

そんな中季節は秋、しかもこの週末は季節外れの大型台風でした。
まだ通過中ですので皆さまどうぞお気を付けください。

さて、ブログ更新は久しぶりでしたがその間もアートセラピーは実施していました。
今月、10月のテーマは「秋のいろ」

ワークのはじめ、皆さまに秋を感じるものをお伺いしたところ、

「柿!」 「秋刀魚!」 「栗!」 等々いろいろあがりました。
どれも色合いも秋を感じますよね。
食卓で秋を味わうとともに目からもこの季節をさらに味わっていただくために
渋めの色合いのランチョンマットを土台に皆さまが思う秋のいろを探して頂きました。

作品の進め方は皆それぞれ。
!IMG_6497.jpg

!IMG_6495.jpg

!IMG_6494.jpg

!IMG_6493.jpg

!IMG_6492.jpg

モチーフもたくさんご用意していますが、スペースを残したい方、全て埋めたい方、
ご自身でハサミを持ってお好きな形に切ったり、曲げて折るなど工夫を凝らす方、
いつもは可愛らしい作品をお作りなのに、なぜかエネルギッシュな作品をお作りの方等々・・・

そんな皆さまの作品の一部をご紹介します。
皆さまの秋のいろがいっぱいに広がっています。

こちら、前回は体調が優れなかったのですが今回すっかり回復されたようで、
見た感じすっかりお元気になられてよかったなあ・・・と思っていたのですが、
作品がいつもは可愛らしい、控えめな印象のものなのに今回はとてもエネルギッシュ、パワフル!
アートからもお元気が漲る様子を感じました。
!IMG_6504.jpg

こちらは全部のスペースを何かで埋めたいとのことで、配置や柄など最後まで悩まれ
こだわりを持ってお作りくださっていました。
制作過程は上から3枚目の写真をご覧ください。
試行錯誤の様子を感じ取って頂けるかと思います。
!IMG_6503.jpg

こちらは毎回時間の最後の最後まで、細部までご自身の美意識で作品を
お作りくださいます。
今回は十二単衣がテーマだったそう。そうして見ると着物の重ねのように見えてきませんか?!
!IMG_6505.jpg

こちらはご自身でハサミを持ち、生地をお好きなように裁断したり、丸めたり、浮かせたり
(写真から少し判りづらいのですが、上部の取っ手のようなところは浮いています)
創意工夫を凝らして作品をお作りくださいました。
!IMG_6500.jpg

毎回、心から「みんな違ってみんないい」 を実感します。
アートセラピーの醍醐味とも言えるのではないでしょうか。

こちらの皆さまはとても仲良し。
最後に作品を1点1点ご紹介すると自然に拍手が沸き起こります。
皆さまも、お一人お一人の個性を承認してくださっているのだなあ・・・と
そのさりげない優しさに心温まる、素敵な現場です。

!IMG_6508.jpg


☆ Life with Art ☆








<< Previous page // HOME // Next page >>